ストーカー・きちがいの話
ストーカー転じて・・

この怖い話は約 10 分で読めます。

今も継続中なんですが、ある女性の霊に纏わりつかれています。
お祓いもしてもらいましたが全く無意味でした。
霊に憑かれたいきさつを今から書きますが、誰かいい方法があれば教えてください。お願いします.
僕は小さい時から空手をやっていて、 21になった今でも続けていて、試合も出ています。

去年の4月くらいに、試合が終わった後、帰り際に一人の女性に話しかけられました。
「すごい派手な試合しますね~。面白かったです.」
身長も体型も平均的な、ちょっと今時の感じの同年代くらいの女の子。
こっちは必死でやっているのに、「面白かった」という言葉にすこしムッとしたものの、「そうですか。どうも。」と言って少し話した。

それからその子は、どこで知ったのか僕の出る試合にはいつも観戦しに来るようになった。

去年の10月頃、ある大会で優勝することができた。
その子(以後K)もやはり見に来てくれていた。
表彰式も終わって、色々な方に挨拶もして帰ろうと思った頃、Kがまた駐車場のところで待っていた。

「おめでとう! かっこよかったよ!」と興奮気味に話しかけてくる(すでにタメ口)。「あぁ、この前の。ありがとう。」と僕も返す。
少し話して、「お祝いがてらご飯でもいかない?なんか用事あるかな?」と言われたが、「ゴメン。いつも嫌がって見に来ないんだけど、彼女いるから。」と断った。

その子はそうなんだ、と残念そうに言ったが、こう続けた。
「その子の事は、本気で好きなの?」
そういわれて、またちょっとムッとした。
そりゃ仕事柄(クラブのバーテンダー)ちょっと派手な髪してて遊んでる風に見られることもしばしばある。

だけどほとんど面識のない女の子にいきなりそんなこと言われるのは心外だ.
僕は気を悪くしつつも「そりゃ本気で好きだよ。だからゴメン。」と返した。
するとその子は「じゃあ電話番号とかメアドもダメ?」と言われたんで客足を増やしたかった僕は店の名刺を渡し、
「街によくビラ貼ってあるし、興味のあるイベントがあれば連絡して。」
と言ってその子と別れた。
それが間違いだった。

それからKから毎日のように電話がかかってきた。
店にも毎週末来るようになった。どんなジャンルの音楽の時でも。
店に来て、踊るわけでもなくカウンターで僕が酒を作るのをじっと見ているだけ。正直僕は居心地が悪かった。

そしていつも電話や店で聞かれるのが「彼女とはどう?」だった。

ある日僕の家で彼女と居る時、Kから電話がかかってきた。
「今○君(僕です)のマンションの下にいるんだけど、今日泊めてくれない?」
と言われ、僕は当然「は!?」と言った。彼女は僕の家なんか知らないはずだ。

彼女も不穏な顔で見ている。「なんで家知ってるんだ」と聞くと、「この辺りで友人とケンカして、車を下ろされた。でトボトボ歩いていると、僕の乗っている車があった。ナンバーも一致している」という。

僕はその時ようやく「この子はちょっとおかしい。」と思い始めた。

「普通に無理。しかも今彼女いるから。アシがないなら家まで送る。」と言った。
それを聞いていた彼女が、「誰?」と聞いてきたので誰?と聞かれ、僕は「ほらいつも店にくるって言ってたあの子」と小声で返した。毎日電話がかかってくることも彼女には普段から話していた。

束縛も全然しないし僕が浮気しないことも十分悟っている彼女も、さすがに動揺し、「切って」と合図を出す。
「ゴメン待っててくれる?掛け直す。」と言い、電話を切った。

彼女は「どうなってんの?」と不機嫌そうに聞いてくる。僕は全部話した。
それを聞いて「その子おかしいんじゃないの!?
あたしが下言って話してくる」
といい僕の静止も振り切りマンションの下に降りていった。

彼女はお嬢様な育ちの娘さんだったが、痴漢やストーカー対策の為僕が空手を教えだしてからめきめき上達し、多少気も強くなった。
しかしここまでとは。
僕も遅れて下にいった。彼女とKが話していた。

彼女「どういうこと?彼女居るって聞いたんでしょ?」
K「いや、帰れなかったんで・・・。いないと思ったし・・.。」
彼女「いないければいいってもんじゃないでしょ。泊めてとか。」
K「○○君優しいから、いいかなっと思って・・・.」
彼女「いいわけないでしょ!おかしいんじゃないの!?」彼女が切れた。

その後色々言われて、Kは半泣きで「ごめんなさぃ・・・・」と言った。

彼女が僕と一緒に車で家まで送るといったが、彼女は「親に迎えに来てもらいます。ごめんなさい。」といって歩いていった.
ここからかな、雲行きが怪しくなっていった. それから1週間位した頃、彼女から仕事中に電話がかかってきた.

「いつもなら仕事中に電話なんかかかってこないのに何かあったのかな」
と思い、電話に出た。彼女は「腕切られた・・・。血がとまんないから救急車呼んで病院いる。」と言った。僕は仕事が終わってすぐに病院に行った。

彼女は手首の5センチくらい下から肘にかけて7、8センチくらい切られていた。
「誰にやられた!!?」と言うと、泣きそうな声で「160センチくらいの女・・・。」

Kだと確信した。僕はその時多分鬼のような顔をしていたと思う。
すぐに電話してKのところに行って、会った.
「どうしたの?」と何もなかったように言うK。

「俺の彼女の腕切りつけたの、お前だな」というと、「知らない」と言った。

しかし「嘘つくな。調べれば分かるぞ。」と言い睨んだら、「だって・・・」と言って黙った.やっぱりKがやっていた。
K「だってあの子むかついたから・・・。」僕は呆れた。

「むかついたから!?そんなことで人切りつけんのか!」と怒鳴った.
するとKは「あたし○○君のこと好きなの。だから嫉妬で頭混乱しちゃって・・・。」
「ふざけんな!お前頭おかしいんじゃないのか!」僕も怒りで乱暴な口調になっていた.

するとKは驚く事に「あの子と別れてあたしと付き合って」と言い出した.

僕はまた呆れた。そして「なんなんだお前・・。もう俺にもあいつの前にも姿現すな。」
「警察には言わないでおいてやるけど、次変な行動したらただじゃおかないからな」
と言って去ろうとすると泣きながらKが「あたしの事嫌い・・?」と言った。
僕は振り向かずに「気持ち悪い。顔も見たくない。」と言ってその場を去った。

その2日後、Kが自殺した。
僕はその翌日Kとよくいっしょに来ていた友達からその話を聞いた。

Kは自分の部屋で眠剤やクラブで仕入れたであろうドラッグを大量にチャンポンして服用して死んでいた。
Kの部屋は無茶苦茶に荒れ果てていたらしい。

Kの死を聞いた翌日、変な夢を見た。
KとSEXをしている夢。Kは気持ち悪いぐらい満足そうな恍惚な顔をしていた。

するといきなり目の前が暗くなって「死ぬってSEXより気持ちいいよ。」と聞こえた。
そこで目が覚めた。僕は我ながら「なんて夢見てんだよ・・。俺はアホか」
と思ってうなだれた。目が覚めたのは仕事より6時間も前、再び寝ようと思ったが寝つけなかったので、しばらく部屋のサンドバックを叩いていた。

すると、トイレからゴボゴボゴボッ!!と激しい水音が聞こえ、次の瞬間バァン!!!と凄まじい音が玄関のドアから聞こえた。
「なんだ!!?」と思って玄関のドアを開く。誰もいない。

ドアには大男が殴ったかハンマーで殴ったような跡があった。

「誰だ・・!!?」と思ってマンションの下まで降りた。
しかしそれらしき人はいない。
「誰かに恨み買うようなマネしたか・・・?Kの友達・・?」
等と考えつつ部屋に戻ろうとした。が、ドアが開かない。
というより、ドアノブが強い力で押さえられている。

力には相当自信がある。が、びくともしない。
「誰だ!開けろよ!!」と怒鳴った。すると力がふっと抜けて、ドアが開くようになった.
警戒しながら玄関に入る。

「どんな奴だよ・・・。見つけたとしても勝てんのか・・・?」と考えていた.
空手のみならず格闘術全般にかなりの自信はあった。それでも不安があった。

とりあえず部屋を見渡し、トイレ、風呂、ベランダを調べた。
1ルームマンションだ。もう隠れるところなんてない・・・。
ベランダから逃げたのか?そう思い部屋に戻るとサンドバッグがグラグラ揺れている。

「なんで揺れてる?」と思った瞬間、急に強烈な嘔吐感や立ちくらみがして、膝をついてしまった。
前を見ると揺れるサンドバックから異様な程の埃が舞っている。

加えて頭痛もひどくなり、意識を保つのも困難だ。
「なんだこれ・・・やばい・・。今さっきの奴が来たら・・。」
と思い玄関に鍵を閉めに這って行った。

玄関にはKがいた。キャミソールのような下着姿だった。

Kは僕を見下ろしている。とても冷たい目だった。
僕はゾッとしながらも「なんだよ・・・。幻覚か・・・?」と無視して玄関の鍵を閉めようとした。

すると力がふっと抜け、玄関に仰向けに倒れてしまった。

Kが僕に顔を近づける。「動け!クソ!体動け!」と必死に意識を保ち体を動かそうとするが、動かない。Kの手が僕の顔を撫でる。
しばらく撫でられ、次は顔に顔を近づけてくる。

顔中、そして首を舐め回す。 認めたくないが、全身の力が抜けてもうどうでもよくなってしまいそうな感覚になってしまう。
なにを考えたのか、顔を舐めているKと目が合った僕は「・・・・なんか言えよ。」と言った。Kは少し笑って行為を続けた。

「やばい。このままじゃやばい。」と思って体中の力を振り絞って「ああああああああああ!!!!!」と吼えながら僕は上体を起こした。
Kの姿は消えていた。体も言う事を聞いてくれた。

「・・・・なんなんだよ・・・・。」と言いながらドアにもたれ崩れる。するとドアの向こうから「ムカつく」と言う声がはっきり聞こえた。

「なんなんだよもう・・・・!」と思いながらドアを開けた。誰もいない。
これが1月頃の話。これから一か月くらいは地獄だった。

分かりました。

次の日、彼女にこんな事話して不安にさせるわけにもいかず、一番信頼できる人、彼女の父親(オーナー)にこの事を話した。
「夢じゃないのか?」僕は「あれは夢じゃないですね。」と言った。

オーナーは「んーー・・・。」と困った顔をしていた。
それを見て、「まぁ、もう大丈夫だと思いますよ。うん。大丈夫です。」と
話を終わりにした。

それから5日後、休日だった僕は深夜、走りに出かけた。
10キロくらい軽く走って、そろそろ折り返そうかと思っていると、急に背中を蹴られたような衝撃が走って、僕は前のめりに手をついた。

「誰だ?」と思って後ろを振り返ると、誰もいない。
というか人気のないところだ。だれもいるはずがない。

「・・・?」と思って前を見ると、10メートルくらい先に、小柄な男が立っていた.
「こいつじゃないよな・・?」と思いつつもここを早く離れようと思い、その男に声をかけた。

「あの、なんか変な男がこの辺りいるみたいなんで、早く離れましょう。」
反応がない。心なしかすこし揺れている。
「あの・・・」と近寄るとその男はドラッグでキまったような顔をしている。

片目がほとんど閉じて片目が半開きで白目を向いている。
さすがにギョッとした。僕はそのままその男を通りすぎて走った。
すると急に左腕をとんでもない力でにぎられた。振り向くとさっきの男がいる。

ものすごく痛い。腕が握りつぶされそうだった。

「なんだよ・・・!はなしてください・・・!」男は反応がない。表情も変わらない。
僕はやむを得ずその男の脇腹に蹴りを入れた。

男は「ぎぁぁぁぁぁぁ!!」と叫んで脇腹を押さえて倒れ足を狂ったようにバタバタさせている。「まずい」と思い「すいません!大丈夫ですか!?」と近づくとまた強烈な力で、左腕の同じ箇所を握りつけてくる。僕はびっくりしたと同時にその男を右手で殴りつけた。男は言葉にならないような叫び声をあげ倒れる。

「なんなんだよもう!!」と思いながら猛スピードで走って逃げた。
気がおかしくなりそうだった。

腕をつかんできた男から逃げてマンションにようやく戻ってきた。
部屋に戻り「クソ・・・・」と言いながらベッドに倒れこむ。
気を紛らわそうと思い、彼女に電話して気を紛らわせようとした。

幸いまだ起きていて、しばらく話した。
話していると、またトイレからゴボゴボゴボッと音がして、ドアを強烈な力で叩く音がした。「何の音!?」彼女が驚いている。

「・・・変な奴がいるのかも。ゴメンまた後で掛け直すから.」といった。
「ちょっとやだ危ないって!!鍵かけて部屋でいなよ!」彼女がいうが、「大丈夫。」といって切った。もちろん大丈夫じゃない。

でも鍵をかけて部屋でいてなんとかなるもんじゃないというのはなんとなくわかった。

僕は玄関に向かい、ドアを開けずに言った。
「Kちゃんか?」返事はない。構わず続けた。
「やっぱ俺を恨んでんのか・・・。」やっぱり返事はない。

急にまた気分が強烈に悪くなる。立っているのも辛い。
「話できないのか?前みたいな行動だけじゃなにがしたいのかわかんねぇよ」
返事はないが、続ける。しかしもう立っていられない。

「俺を殺したいのか」もう目を開くのもやっとだ。
「俺は死ねない」「俺死ねない」意識を保ちながら、何度も言った。
するとKの顔(ちょっとおかしかった)だけがぱっと目の前に現れ目を見開き、

「なんで」 とはっきり強めに言った。

心臓が止まるかと思った。俺は絶叫しそうになった。

「・・・・・っっ!!!」と絶叫を堪えて、Kから目をそらさなかった。
5秒くらい睨み合った後、Kの顔がふっと消えた。
最後に恐ろしい形相をして。
体に力が入った。だんだん気分も良くなり立ちあがり、

この怖い話にコメントする

「ストーカー転じて・・」と関連する話(ストーカー・きちがいの話)

ストーカー転じて・・