オカルト版まとめ
フジが老人火あぶり放送→老人死亡→証拠動画全部消される

この怖い話は約 10 分で読めます。

「退屈貴族」
【撮影】2003年12月04日 府中市是政5-9周辺の多摩川河川敷
・老人が持参したのはダンボールだけ。みかん箱かダンボールを燃やして歩く火渡りのはずが、フジテレビ・スタッフが灯油3リットルを用意した。
・灯油3リットルに、事故の対策がバケツの水1杯のみ。消火器等の準備、消防署への届け出もなし。
・火渡りの後、老人は持参したオロナインを火傷で真っ赤にただれた足に塗った。歩くことは出来ずフジテレビ・ディレクターK(金子傑)らは、老人を背負ってタクシーに乗せ自宅に送った。
・酷い火傷を負っていることは明らかだったが、Kらは2万円の出演料を支払っただけで、応急手当も何もせず放置。フジテレビに帰社した。
・Kは事故発覚後、「車中で、病院に行くか尋ねたが、老人が『大丈夫』と答えたから」と釈明している。
・老人は独り暮らしで、そのまま家で、激しい痛みに苦しんでいたと思われる。
・老人は動けない状態が続いたあげく、2日後に、老人の隣に住む兄嫁が異変に気づく。その3日後、体がぶるぶる震えているのを兄が見つけて、救急車で病院に搬送した。
・判明した火傷は、足裏から太ももにかけて、表面積の三割近くに最重度の三度という重篤なもので、多臓器不全に陥り、猛烈な寒さに震えが止まらない状態だった。事件性を疑った病院は地元警察署に通報、警察は老人の話の信憑性を疑いつつも、火傷を負った日時、場所と 「フジテレビのロケ」 であること、担当者名を聞き出した。
・翌日の夜、ついに声をかけても返事がなくなり、体温も34度まで低下、意識不明の状態が続き、老人は生命が危ぶまれる状態となった。その日、警察署はフジテレビに対し、受傷者の氏名、日時、場所、担当者名を知らせ、「火の上を歩くロケを行ったか」と問い合わせた。
<続く>
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 13:47:02.90 ID:AM6R4yHD0
<>>2の続き>
・5日後、フジテレビは、担当者名も判っているのに、「調査したが、該当する様なロケは行っていない」
 と回答した。
・警察は事件性はないと判断、隣に住む兄夫婦にさえ事情を聞くことなく、自傷事故として処理した。
・一方、フジテレビ局内では、脳天気に編集作業が行われ、番組が作られていた。
・病院では老人に表皮を移植する手術などが繰り返された。しかし、20日には呼吸が一時停止、胃の複数ヵ所から出血、吐血。肺には水が溜まり、臓器不全に陥るなど、重篤な症状が続いていた。
【放映】2004年01月20日深夜00:58~01:28
・スタッフは、撮影後、火傷を負った老人の様子について、一度も問い合わせすることなくテレビで放映。
・放映した画面では、高さ1メートル、腰まで火が燃えさかり、途中で横に倒れた老人が下半身に大火傷を負ったことは誰の目にも明らかで、番組をみた視聴者から「やりすぎ」の苦情が相次いだ為、ようやくフジテレビはロケの事実を認める。
【放送後】
・ロケの事実を認めたフジテレビは、局内で調査、話し合った挙げ句、同局に顧問として天下りしていた元警察幹部が、警察への事情説明を行った。担当ディレクターらスタッフは事情聴取さえされなかった。
・フジテレビはこのロケを事故として公表することもなく、隠蔽した。
・老人は手術を繰り返したものの、歩行もかなわず、救急搬送以降、一度も帰宅することさえ出来ないまま、2007年09月、火傷による腎不全で死亡した。

画像は『退屈貴族』より
フジテレビ・ディレクターK=金子傑

(出演タレント…左からココリコ田中、ラサール石井、熊田曜子、ココリコ遠藤)
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 13:47:22.10 ID:AM6R4yHD0
【フジテレビによる主な人身事故等】

▼1991年9月放送『1or8』で、背負った大量のロケット花火の爆発でヒロミが火傷を負う。
▼1992年11月23日。“風船おじさん”にフジテレビが資金援助を見返りに独占的に出発を取材。『おはよう!ナイスデイ』が煽って、翌年4月の予定を11月に出発。太平洋上で消息不明に。以後、マスコミ報道が過熱すると、フジテレビだけは一切報道しなくなった。
▼1993年6月24日。バラエティー番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』収録中に、香港のロックバンドメンバーがセットから転落して死亡。番組は打ち切られた。
▼1998年9月2日、『めざましテレビ』の生放送中、災害時に高所から脱出する避難器具の体験リポートで、フジテレビアナウンサー菊間千乃がマンション5階(地上約13m)の窓から落下、全治3ヶ月の重傷(腰椎圧迫骨折)を負った。
▼1999年、『愛する二人別れる二人』の出演者が遺書で番組の「やらせ」を告白し、自殺した。
▼2001年、『めちゃめちゃイケてるッ!』でセット倒壊。美術スタッフが下敷き。頭部を打ち死亡。
▼2003年10月2日、『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演した葛城ユキが人間大砲に挑戦して、第7胸椎粉砕などの大怪我を負った。
▼2003年12月4日、『退屈貴族』で、火渡りをするという老人の、火に油を注いで煽り、最重度の三度という重篤な大火傷を負わせたままディレクター【金子傑】が放置。老人の兄が発見して緊急搬送された。老人は呼吸の一時停止や吐血、意識不明、多臓器不全。フジテレビは、安否の確認すらしないまま番組を放映、笑い飛ばす。老人は火傷が元の腎不全で死亡。フジは隠蔽。
▼2010年8月22日、特番を放送予定だった『オレワンSP』は、「我が家」の杉山裕之が左肩関節脱臼骨折、全治2か月の重傷、陣内智則が肋骨にひび、「ハイキングウォーキング」松田洋昌が肋骨を骨折して放送中止となった。演出は老人火あぶりのディレクター【金子傑】。
▼2012年2月2日、お笑いコンビ「ずん」のやすが『とんねるずのみなさんのおかげでした』で、スキー場での収録中、ゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、4メートル下の小屋に腰を強打、第二腰椎破裂骨折の大けが。現在も両手足共マヒしたまま。

6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/03/12(月) 13:48:02.14 ID:AM6R4yHD0
降臨したお医者さんの説明

267 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/03/10(土) 19:16:08.87 ID:/HjPJhdJ0
医者だけど
明らかに精神病んで判断力の怪しい老人を祭り上げて言動を笑いものにし,
客観的に見て生命に危険が及ぶ行為をさせた上に放置して死に至らしめている.
法的なことは知らんがこの老人の自己責任とか言ってるやつはホントになんなの?
重度熱傷の患者の最後なんてホントに皆惨めなもんだぞ.
熱傷で死んだ自分の患者と重ね合わせると泣けてくる.

272 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/03/10(土) 19:20:23.04 ID:4IHaPhfI0
>>267おお医者か
すまんけどこういう炎から重度熱傷になって死亡までいく
経緯について解説たのむ あとやっぱ灯油使うのはどれくらいやばいわけ?

287 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/03/10(土) 19:29:11.94 ID:/HjPJhdJ0
>>272
詳しく説明すると長くなるが,yahooヘルスとかざっと見ればわかると思う.
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/?sc=ST010090&dn=2&t=key
この年齢でこの熱傷の患者が来たら,まず助からない.
両足が筋肉丸出しで放置されていると考えたらいいかもしれない.

298 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/03/10(土) 19:33:49.45 ID:/HjPJhdJ0
287続き
この年齢でこの重症度の場合,積極的治療をしない事もありえる.
家族の希望が強かったか,刑事事件となる可能性もあったためあらゆる手立てを講じて3年間生存できたのかも.
(裁判時に「治療が不適切だったために死亡したのでは?」と医療者に責任が行く恐れがあるため)
しかし3年間苦痛に耐え(あるいは意識のない状態で)かろうじて生きながらえていた状態と思う.

この老人の場合映像見た感じどんな感じになるのか詳しく聞きたい
あなたのレスは保存したいので
よければ詳しく書いていただけませんか?
素人だとこの映像見ただけだとどの程度の症状になるのかわからない人も結構いるのです
自分はこの炎はやばすぎると思いますが

303 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/03/10(土) 19:38:53.51 ID:/HjPJhdJ0
>>292
この事件文春の記事で見てから色々見てて,
書きこみたかったけど2chは文字数制限であまり書きこめないから
別のまとめサイトのコメ欄に書いてた.そっち見てもらってもよい?
http://blog.livedoor.jp/nyussoku/archives/52002047.html

http://blog.livedoor.jp/nyussoku/archives/52002047.html
のブログのコメ欄より

14. 無職名無しさん 2012年03月09日 22:41
火傷で大怪我しても3年も経ってから死んだのが直接因果関係無いんじゃないかと思っている人もいるかもしれないが,
熱傷患者を診ることが多い立場からいうと3年間生きていたのが奇跡.
動画から推測されることとして
言動と家の様子からはどう見ても何らかの精神疾患と認知症を有している.
灯油のまかれた上を10秒近く歩いている事から考えると,
最低でも足底から足関節はⅢ度熱傷,下腿はⅡ度(DDB)大腿もⅡ度(SDB)熱傷.
熱傷の深度は数日かけて明らかになること,老人では表皮が薄く熱が深達しやすいことを考えると,
当初は水疱程度でも最終的に下肢全体がⅢ度熱傷となっていてもおかしくない.
受傷直後に水などで十分に冷却すれば多少は深達を防げた可能性はある
Ⅲ度熱傷では知覚神経も壊死するため疼痛は感じなくなる.認知症や糖尿病があれはより痛覚に鈍感になる.
BIは30-40で,重傷熱傷に分類される.年齢を70歳としてもPBIは100以上で,受傷直後に治療を行ってもほぼ救命は不可能.
熱傷皮膚からの蛋白質,水分喪失による循環血液量減少性ショック,感染,SIRSによる多臓器不全,腎不全,
輸液の再分配による肺水腫からの呼吸不全,全身ストレスによる消化管潰瘍出血で長くとも数週間以内に死亡する.
このケースでは数日間放置されていたとのことであり,来院前にすでにこれらの状況がかなり進行していたと思われる.
記事にあるブルブル震えていたとは,菌血症にすでになっていたためだろう.

15. 無職名無しさん 2012年03月09日 22:42
治療は壊死組織を除去し植皮を行ってできるだけ早期に皮膚バリアを回復させることだが,
人工皮膚や死体からの皮膚移植は基本的に一時しのぎにしかならず,自家皮膚(腹部などから採取)の分層植皮が必要,
感染のある状態では植皮の生着は良くて5割程度のため,複数回にわたって手術を行う必要がある
関節周囲はⅢ度熱傷では骨まで露出することも珍しくなく,そういった部分には植皮は行えないため打つ手はない.
植皮が成功しても下肢全体が高度の拘縮で全く動かなくなり,汗腺がなくなるため体温調節機能がかなり低下する.
このころには長期の臥床と気管挿管から肺炎を繰り返し発症,背部にも褥瘡等を形成している可能性が高い.
急性期を乗り切ってもそういった合併症で全身状態は徐々に悪化し多くは退院できずに死亡する.
記事によると死亡原因は腎不全とのことだが,前述のように熱傷の合併症で腎不全はよくあることだし,
腎臓は一旦壊れると再生しないので週2-3回の血液透析が一生必要.
この年齢でこの重症度の熱傷で搬送された場合,上記の事を家族や本人に話して,積極的な治療を選択しない事もありえる.
(疼痛と全身管理のため早い段階で鎮静し気管挿管で呼吸管理する必要があるため,その後は治療を拒否したくてもできなくなる)
この症例では家族の希望が強かったか,刑事事件となる可能性もあったためあらゆる手立てを講じて3年間生存できたのかもしれない.
(裁判になった場合に「治療が不適切だったために死亡したのでは?」と医療者に責任が行く恐れがあるため)
しかし3年間苦痛に耐え(あるいは意識のない状態で)かろうじて生きながらえていた状態と考えられる.

314 名前:267[] 投稿日:2012/03/10(土) 19:46:30.45 ID:/HjPJhdJ0
ごめん,267,287,298,303は同じ書き込みね.
Ⅲ度熱傷で画像ググれば大体わかるだろ.
灯油の危険度は具体的には答えられんが,温度的には1000℃越えてると思うので
炎に数秒間さらされればⅢ度熱傷は間違いないと思う.足裏は灯油がつくからさらにヤバい.
服で隠れてない部分はほとんどダメだろう.

この怖い話にコメントする

フジが老人火あぶり放送→老人死亡→証拠動画全部消される