予知・予言
予言と予測

この怖い話は約 4 分で読めます。

岩手県のローカル紙「26日に大津波が来るかも…」

656 本当にあった怖い名無し sage 2009/08/23(日) 17:48:34 ID:XoBzdNDFO
岩手県の沿岸部に住む者ですが、最近妙な噂が流れています。
「8月26日の朝4時頃、三陸沖を震源とする地震によって、大津波が押し寄せる」
と言うものです。

予言してるのは、それぞれ別の町に暮らしている占い師と、イタコさん。
話を合わせた訳じゃないのに、日にちばかりか、時間帯まで一致しているそうです。
今までそんな予言の話など聞いた事が無く、何だか凄い不気味で町中がその噂でもちきりです。
地元の漁師さん達は、船を陸に上げて、海岸から続々と避難させています。
757 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 16:50:00 ID:NSSoMpFzO
>>656
岩手県宮古市の親戚から聞いたけど、地元のローカル新聞に、大津波の予言についての記事が載ったらしいね。

大昔から津波に襲われてる地域だけあって、住民に念のため注意を促す為にあえて載せたとか。

日付や時間帯は噂通り、震源は宮城県塩竈沖、津波の高さは最大10メートルらしい。

126 本当にあった怖い名無し 2011/03/18(金) 16:40:54.78 ID:HJpbOlprO
カカシ先生!先生!いっちゃう!いっちゃうってばよーーーーー!!!!!!!!!!

127 1/2 sage 2011/03/18(金) 16:43:37.90 ID:v46JIvis0
121 : プリムラ・マラコイデス(青森県)[sage]:2009/08/24(月) 23:04:30.74 ID:7FSINMSa
・・・先生の研究によれば、東日本の太平洋岸では、16世紀からいままでにイワシ(マイワシ)の豊漁期は4回あって、
その時には大地震が多かったが、その谷間の不漁期には大地震がないという。
イワシの豊漁は40から50年続くことが多いのだが、それが地震活動と一致しているのだという。

もともと、岩手県の三陸地方には、イワシがよく捕れるときには大地震がある、という言い伝えがある。
たとえば、1896年の明治三陸地震津波と1933年の三陸沖地震の2回の大地震の前は、異常なくらいの豊漁であった。
http://shima3.fc2web.com/sakanatoyoti.htm

この地方は3月頃から小さな地震が続いていており、井戸水が枯れたり、水位が下がったり、
いわしの大群が連日押し寄せマグロの大漁が続くなど、沿岸の漁村では例年と違う不思議な現象が起こっていました。

その日も、朝に弱い地震があり、何回も続いた後にこの地震が発生して、それは5分間ほど揺れた。
そして、その10分ほど後にもまた揺れました。
が、春以来の地震の中でも小さいほうであったので誰もあまり気にもしていなかったし、震害もありませんでした。
しかし、その地震は三陸沖約150Kmを震源とするマグニチュード8.5という巨大地震だったのです。

http://www.bo-sai.co.jp/tunami.htm

128 2/2 sage 2011/03/18(金) 16:44:35.95 ID:v46JIvis0
【水産】今年はイワシが豊漁 例年より安価…漁獲量、昨年の11倍の漁場も [08/31]

1 :きのこ記者φ ★ :2010/08/31(火) 10:39:42 ID:???
秋の到来を告げるサンマの不漁がいわれる一方、イワシが大漁だという。
スーパーや鮮魚店の価格にも反映され、イワシは値ごろのようだ。
今後、サンマがふんだんに取れるようになるかどうか、専門家も「確証がない」という。
それなら脂の乗りも良いイワシを存分に味わってみるのもよい。

石巻魚市場(宮城県石巻市)によると、今年の石巻漁港での真イワシの漁獲量は2654トン
(8月27日時点)で、昨年の年間漁獲量の11倍に上る。

東京都江東区のスーパーで24日、価格を調べてみると、生サンマが1尾298円。
隣に陳列されていた真イワシは同じ価格で5尾入りだった。

翌日の横浜市神奈川区の鮮魚店「濱の市」では、北海道・厚岸(あっけし)の生サンマは1尾380円。
一方、宮城・石巻の真イワシは120円で、23センチほどの大ぶりだった。
その前週は北海道・根室の生サンマは500円、千葉・銚子の真イワシは60円だったという。(中略)

■イワシ豊漁の原因は不明
長期的に資源量の低迷がいわれるイワシ。今年の豊漁の原因は何か。
中央水産研究所資源動態研究室の本田聡研究員は「平成20、21年生まれの真イワシが
何らかの理由で生き残り、資源量が増えていることは間違いない」と推測する。
だが、水温などの成育環境を調べても説明できる理由は見つかっていないという。
長期的な資源量回復の兆しかどうかも判断できないという。

一方、水産庁が今月発表した北西太平洋サンマの漁況予報では、推定資源量は221万トンで昨年の約6割だった。

この怖い話にコメントする

「予言と予測」と関連する話(予知・予言)

予言と予測