オカルト版まとめ
山での怖い体験、怖い話を書け

この怖い話は約 6 分で読めます。

5 : 底名無し沼さん : 2012/07/23(月) 09:10:13.00
普通に山を降りていたんだが、ふと誰かに呼ばれた気がしたのでうしろをふりかえると・・
何も無かった・・ もうすぐ夜のとばりがおりる沢の暗がりがあるだけだった。
なんか背筋に寒さを覚えたので、前を向き、一歩踏み出そうとしたその時だった。

目の前の道が無くなっていた・・

よく見るとそこは枯れた滝の上で断崖になっていた。あと一歩か二歩歩いていれば
まちがいなく死んでただろう。
そもそも歩いていたのは道ではなく沢の踏み跡だった。

今思えば、あれが守護霊もしくは地縛の良い霊だったのだろう。
そして踏み跡を歩かせたのは、地縛の悪い霊だったのだろう・・・・

14 : 底名無し沼さん : 2012/07/23(月) 17:34:32.14
幽霊だったのかわからんが・・

俺の実家(山梨)での法事のため、女房は残して俺だけ参加
法事の後、実家の近隣にあるたいした有名でもない低山に登り、甲府のビジネスホテルに泊まってから帰ることにした

山に登り始めたら、谷を挟んで反対側の山から、赤い服着た50代のオジサンが、こっちに向かって何か喚いてる・・
どっかの農家のオヤジが勝手なこと喚いてるんだろと思い、気にかけずに登ったら、再度そのオジサンがこっちに向かって必死の形相。

よく聞くと、「すぐに帰れ!すぐに家に戻れ!」って叫んでる
俺はそのオジサンのことなんて知らない

もしかしたら、そのオジサンの畑でも踏み通ってしまい、怒ってるのかななんて思ったけど、あまりにしつこいので気分が悪く、そのまま下山し、ビジネスホテルにキャンセルの電話を入れて東京に戻った

家に戻ると、女房が男を連れ込んでやがった

女房を実家に帰して離婚も進めたけど、両家が出てきて、結局モトサヤに
事件収拾まで丸一年かかった

結局その大事件があってから、登山はしてない
女房のことは信用してない

幽霊だったのかわからんが、赤い服のオジサンに感謝
先祖だったのかも
そう言えばまゆ毛の濃いところがうちの親戚に似てるかも
遠くだから、顔なんて見えないはずなのに、まゆ毛が濃いなんてわかるっつーところも怖い
やっぱり幽霊か

21 : 底名無し沼さん : 2012/07/23(月) 20:46:56.24
牛頸ダムのキャンプ場(山の中)で
友達と遊んでるとき足を滑らせて崖下に落ちた
頭打って血が出て意識が朦朧としてるとき
向こうの藪の中から爺さん這いずりながらこっちに来てた
それで意識そのまま失くしたんだが
気付いたら病院だった めっちゃ怖かった

26 : 底名無し沼さん : 2012/07/23(月) 22:17:11.55
長岡京ワラビ採り殺人事件

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦二人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、
2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された。
直接の死因は主婦A(当時43歳)が絞殺、主婦B(当時32歳)が刺殺。二人のリュックには、それぞれ空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであった。
検死の結果、死亡時刻はどちらも正午過ぎから二時半までと判明。
どちらも金を奪われた形跡はなかったが、主婦Aの衣服のポケットから
“オワレている たすけて下さい この男の人わるい人”

と鉛筆で走り書きをした、勤務先のスーパーのレシート(日付は事件当日より2日前)が発見される。だが、どちらの荷物にも衣服のポケットにも、この鉛筆がなかった。
後日の捜索で、殺害現場から少し離れたところで芯の先端だけが見つかっているが、鉛筆そのものは見つからなかった。
主婦Aは全身30箇所以上も殴打され、肋骨が折れて、肝臓が破裂しており、主婦Bは全身50箇所以上も殴打され、包丁が体に突き刺さったままだった。
警視庁の鑑定結果によると、犯人の血液型はO型と判明している。

犯行現場は、殺された主婦たちのように、ピクニックがてら山菜採りに地元の人が訪れているようなところだったが、犯行発生前から木や竹が生い茂り、
昼間でも薄暗いところが多く、レイ*事件も発生していた。

30 : 底名無し沼さん : 2012/07/23(月) 23:52:47.21
なんかゾンビみたいな動きの奴がすごい速さで追いかけてくると思ったら
競歩してるじじいだった

38 : 底名無し沼さん : 2012/07/24(火) 08:48:19.43
ワンダーフォーゲル部で東北の山を地図片手にトレッキング訓練をしていた。

登山道ではなく、2万5千分の1地図を元に適当なルートを開拓して登るのが目的だった。
まだ春だというのに、樹林帯の中を熊笹を掻き分け登って汗だくだった。

そんな俺たちのパーティのほかに偶然他のワンダーフォーゲル部だろうか、
俺たちの後ろから藪をかきわけているパーティがいた。

俺たちは少し競争心を掻き立てられ、ちょっと無理をしてスピードをあげた。
しかし、そのパーティは俺たちからつかず離れずガサガサと音を立てながら登ってくる。

はぁはぁともう体力も限界に近づいた時、そのパーティが突然すごいスピードでこちらに
向かってきた。それはもう人の限界を超えたような猛スピードだった。
まわりの笹が嵐のように揺れたかと思ったら、すごい勢いで俺たちのすぐ傍を駆け抜けて
上のほうへと通り過ぎていった。

俺たちは呆然として見つめあった。

あれはなんだったんだろう? かすかに獣の臭いがした。
おそらく熊だったんじゃなかろうか?

63 : 底名無し沼さん : 2012/07/25(水) 13:53:33.05
親父が若い時、比良の慣れた道を歩いてたら妙な枝分かれがあり、「こんな分岐はなかったはずだが」と右を行ったら
見たことも聞いたこともない廃村に行き当たって、あまりに気持ち悪いから引き換えしたらしい。
ところが来た道を辿っているのに見覚えがない。「おかしい」と思いながら歩いていたら、最初の分岐に無事戻った。

ただ、左側の道を戻ってきてたそうだ。右側の道を行ったはずなのに。
さすがに気色悪くてそのまま帰って来たと言っていた。

以後、同じ道を通った時もそんな分岐はなく、そっちに道や村があるという話もなく、
もちろん地図にもそんなものは無かったらしい。

87 : 底名無し沼さん : 2012/07/25(水) 17:36:38.21
八年前のこと
奈良・和歌山の奥駆の小屋で寛いでたら
昔の服装でキスリングを背負った二人組が入ってきた
幽霊でも何でもなかったんだけど
小屋の人全員が一瞬凍り付いた

88 : 底名無し沼さん : 2012/07/25(水) 18:02:39.22
これどう?

人が来ることもない鈴鹿山系の深い渓谷の岩の上に
赤い鼻緒のついた女物の下駄が
両方きちんと揃えて置かれているのを見た
(山と渓谷1991年8月号)

89 : 底名無し沼さん : 2012/07/25(水) 18:12:42.32
いいおっさんおばさんのカップルがちゅっちゅちゅっちゅしながら登ってた

114 : 底名無し沼さん : 2012/07/25(水) 22:54:56.06
ゴメン。
山ん中じゃないんだけど、奥多摩湖のほとりで、女の首見たことある人いない?
俺の知りあい2人とも見てるんだ。

この怖い話にコメントする

山での怖い体験、怖い話を書け