予知・予言
神の袖

この怖い話は約 5 分で読めます。

327 神の袖 sage 2011/07/22(金) 02:34:24.40 ID:3FcoHdSR0
俺は、幽霊は信じているけど霊感は無い、零感と呼ぶにふさわしい男だった。

俺が以前住んでいた地域には、数百年前から伝わる、伝統ある祭事が行われてた。
毎年、各地区から選ばれた子供がお連れと共に神社で奉納する、といったもの。

小学生のころ、その年の家に選ばれたので、長男である俺が出ることになったんだ。
その日は朝早くから起きて準備して、滞りなく行事も終わった。

それ以降、何やら予知夢みたいなものを見るようになったし、懸賞に当たったり、
小学生ながら、運気が上がった気がしてた。
328 神の袖 sage 2011/07/22(金) 02:38:30.41 ID:3FcoHdSR0
運気が上がっただけでなく、命の危機を免れたこともある。

昼過ぎ、下校途中に信号が青になったので横断歩道を渡ろうとしたら、
真後ろから「コケコッコー!」と声が聞こえたので
「なんでこんな時間にニワトリの声がするんだよw」と思って後ろを振り返ったら何もいない
で、前を向いた瞬間にトラックが信号無視で横断歩道を横切ったりとかね

我ながら命拾いしたと思った

でも、小学生だからビビっただけでそこまで深く考えない
いつもどおり家に帰った

332 神の袖 sage 2011/07/22(金) 03:00:25.77 ID:3FcoHdSR0
時は少し飛んで俺が中学生のころ。
次の日が休みだってことで夜更かしして、
夜の2時ごろにトイレに行った後に洗面所で手を洗おうとしたんだ。

手を洗って、ついでに顔を洗って、顔をあげてみた。
すると、鏡に映った、俺の後ろの存在する柱。
そこに、なにかが貼りついてた。

俺の見ていた、鏡に映った風景を表すなら

  ———————
  | |        |
  =つ|        | (俺の顔)
  | |    壁   | 
  |柱|        |
  | |        |
  | |________| 

こんな感じ。

分かりにくくて申し訳ないんだが、
俺は目が悪いのでこんな風にぼんやりとしか見えなかったけど、でも確実に何かがある!と思った。
いつも見慣れてる鏡の中の風景だしね。

今まで幽霊とか見たことなかったのに、いきなりの、しかも相当不意をつかれたファーストコンタクトだったので、
全身がものすごい総毛だった。

333 神の袖 sage 2011/07/22(金) 03:07:19.84 ID:3FcoHdSR0
でも、貴重なファーストコンタクトだ。
絶対にそれから目をそらさずに眼鏡をかけてみたら、何かが貼り付いてると思ったのは勘違いだった。
手が、柱の向こうから伸びて来てたんだ。

「柱の向こうに何かいる!」
そう思って、どうしようか迷っていたんだが、
その手を良く見ると、何やら神主とかが来てる正装?の袖みたいなので、
裾のところに紫色の線が入ってる服だってことに気が付いた。
そこから生えてる手は、色白で細かったが男か女かは分からなかった。

眼鏡をかけて気付いた時もそうだけど、驚きはしたけどそこまで恐怖は感じなかった。

335 神の袖 sage 2011/07/22(金) 03:31:23.60 ID:3FcoHdSR0
俺は、意を決して振り向いてみた…
するとその手は消えていて、鏡の方を見てみても、手が生えてた部分には、いつもどおり柱があるだけだった。

少し冷静になって、
「鏡を見て、手があるのを確認しつつ後ろに手を伸ばして触ってみる」という行為を思いつかなかったことにちょっと後悔しつつ
すげぇもん見たwと思って、とりあえずその日は眠りについた。

うちは毎年、神社に行って神主さんからお祓いを受けるのが恒例なんだけど、
その袖を見た後、いつも通り年明けのお祓いに行ったら、
神主さんから「君は…お祓いいらないねw」と言われてしまった。
袖の事も含めて、それと関係あるのかと思って理由を聞いたら、お祓いする必要すらないとのこと

最初に書いた祭事はその神社でやったんだけど、
どうやら俺が見たのは、神様とかそれに近しい存在で、
袖を出していたのは、祭事で奉納した対象の神様なんじゃないかとのこと。
だから、お祓いは必要ないんだよと言われた。

336 神の袖 sage 2011/07/22(金) 03:37:27.94 ID:3FcoHdSR0
実際に袖を見ていたし、その説明で妙に納得してしまったんだけど、
普通は、祭事で奉納した子供もお祓いするらしい。

しかし、鏡越しとはいえ直接、その存在を見る子供も非常に珍しいとのことで
神に近い存在を強く認識してしまった事で(というか認識したせいで近くに居る?らしい)、
その影響で並大抵の霊は近づけないこと、
日常生活に置いて不幸よりも幸福に傾く可能性が非常に高くなったこと。
大病にも苛まれないし、安寧の生活が送れるはずだ、と。

でもそれに奢らず、日々の感謝と、神様への感謝を忘れないこと。

とか言われた。

それ以来、不思議なものは見てないけど、相変わらず身の回りに幽霊の気配すら感じない。
霊感強い奴と一緒に有名な心霊スポットに行っても「あれ?何もいないし」とか言われたり、
そのせいで「お前と一緒に行くと何も出ないよ」とか言われたり、
日常生活で困った時もギリギリで乗り切れたりするので、いろんなところで神に感謝しながら生活してます。

でも最近、あのとき袖を触っていたらどうなっていたんだろう?とか考えます。

スレ汚しスマソ。

この怖い話にコメントする

神の袖