中国・朝鮮
サイゴノデパート

この怖い話は約 2 分で読めます。

とある家族がデパートに買い物に行ってたのだがトイレに行って目を離したすきに妹を見失い
案内放送が…

「ピンポンパンポーン♪

ご来店中のお客様にご案内申し上げます。
ただいま、マリちゃんと名乗る8歳の女の子をお預かりしております。」
家族は迷子センターに行ってみるも、そんな子どもは預かっていないという。

その後どれだけ手をつくして探しても見つからなかったが、1年後「返品いたします」と記されたピンク色の装飾付きの箱に入った荷物が届く。

中には変わり果てた姿になった、ウジ虫がわいた妹の生首が、無造作に詰め込まれていた。

これは噂なんだが、そのデパートの女性社員が迷子を「女優」として中国の金持ちに売り渡していたらしい。
鬼畜ロリものの人気シリーズとして地下で流通している、そのビデオのタイトルは「オモイデノデパート」。
見つけた奴は販売元の情報をくれ。1989年まで横浜の某デパートで働いてた「ムラタ」という女性店員の情報もお願いします。

この怖い話にコメントする

「サイゴノデパート」と関連する話(中国・朝鮮)

サイゴノデパート