中国・朝鮮
中国の暗部

この怖い話は約 5 分で読めます。

169 まじ話です。 sage New! 2011/09/30(金) 15:35:53.92 ID:BFwOuE090

全く関係ありませんが私のスペックからいきます。
28歳 独身♂
半年前まで仕事で上海に住んでいました。
上海には日本と中国間での材料のやり取りをする為の貿易会社として事務所があるだけで
工場は上海の隣町の某市にありました。

私は当時、輸入・輸出及び工場側の品質の管理を任されていた為
某市と上海を行ったり来たりしながら3年間程中国で暮らしていました。
赴任当初は某市にある工場の方で品質管理の勉強をしていた為、実質中国の思い出はほぼ某市の方に偏っています。
その某市での体験を書かせて頂こうと思います。

某市には、上海同様日本人がたくさん駐在しており日本人街の様になっている場所もあります。
週末になると日本人街で食事をしたりお酒を飲んだりして遊ぶのですが、そういう所には
日本人客目当ての裏DVD屋や小銭をせびりに来る中国人がたくさん居ます。
中には盲目の人を使い、ニコと呼ばれる楽器を演奏させてお金をもらおうとする人まで居ます。
そんな中でも日本人の数が圧倒的に多く、警察もうろうろしている為安全なので私も週末には
よく街に出て遊んでいました。

そんなある日、酔った勢いで裏DVD屋からDVDを買った事があり(日本のAVのモザイク無し)
そのDVD屋のおっちゃんも人柄が良く、フレンドリーに接してくれる為、その後も会えば挨拶をし
かたことの中国語で会話する関係になっていました。
171 まじ話です。 sage New! 2011/09/30(金) 16:26:31.23 ID:BFwOuE090

DVD屋のおっちゃんは荷台付き自転車でDVDを売りながら移動しているのですが
店も構えており、店の方ではタバコや酒、大人のおもちゃを販売していました。
その店には小さな子供が3人と店の奥には無口なおっさんが一人いて、子供達の面倒はその無口なおっさんがみていました。

私は週末の度に日本人街へ繰り出していた為、毎週末このDVD屋おっちゃんには会っていて2週間に1回は店のほうにも顔を出しており
子供達や無口なおっさんも私には大分親しみをもってくれていたと思います。
そんな生活を1年ほど送り、2年目からはこの某市と上海を行ったりきたりする生活が始まりました。
某市と上海を1週間のスパンで行ったり来たりする生活でしたので次第に某市の日本人街に行く回数も減っていました。

行ったり来たりの生活を1年半ほどしている内に某市の工場に新しい品質管理の担当者が派遣される事になり
私は上海のみの担当になりました。某市の生活ともお別れになるので最後の1週間は某市で遊びまくってやろうと思い
平日でも日本人街で遊んでいました。
最後にDVD屋のおっちゃん達にも挨拶しておこうと思い、DVD屋のおっちゃんの店を訪ね、皆にお別れとお礼を言うと
皆も、せっかく仲良くなったのに残念だ・・ と言ってくれ、別れを惜しみ合いました。
この時、奥に居た無口なおっさんが居なかったので、彼はどこいったの?と訊ねると
こっちで働いてお金が溜まったので故郷に帰ったという説明を受けたので、まあ最後だが仕方ないか・・・
と、店を後にしました。

その後、上海の仕事に没頭し某市での暮らしも記憶から薄れていき、中国3年間の任期を無事果たしました。

私は某市と上海の両方で働いておった為、送別会は両方の会社からやってもらえる事となり
某市側での送別会の際に再びあの某市の日本人街に足を踏み入れる事になりました。
最後に某市日本人街に行ったのは、DVD屋のおっちゃんの店にお別れを言いに行ったのが最後だったので
半年ぶりの某市日本人街に少しわくわくしていました。

173 まじ話しです。 sage New! 2011/09/30(金) 16:46:50.69 ID:BFwOuE090

半年ぶりの某市日本人街に浮かれながらも、無事に送別会は終了。
以前から仲の良かった某市工場の工場長(日本人)と二人でスナックで飲む事になり
どの店に入ろうか~と、一直線に300m程ある日本人街をうろうろして可愛いお姉ちゃんの居そうな店を物色していました。
今さらですが、この日本人街は真っ直ぐ伸びており道の両側にスナックやら飲食店がずらーっと立ち並んでおり
時々、右や左に抜ける細い抜け道があるくらいで基本的には1本道。
この通りの要所要所に最初の方で書いた、小銭をせびりに来る人達が様々な方法でお金をもらおうと必死になっています。

この小銭せびりの人たちは、色々な手段で日本人からお金をもらおうとします。
小さな子供を利用し花を売りつけに着たり、目の見えない人の楽器演奏、大怪我をしている人をつれてきては治療代等・・
これは有名な話ですが、この乞食の人たちは個人個人でお金せびりをしているわけではなく、元締め的な存在が居り
夜遅くなると迎えが来てどこかへ皆まとめて帰って行きます。
そしてまた次の日の夕方くらいから各自の縄張りへと戻されるわけです。
この乞食の元締めがどういう存在なのかは分かりませんが、小銭をせびりにくる人達の目は必死そのもので笑顔等殆どありません。

話を戻しますが、こういう乞食の人たちをうまく避けながら店を物色していると妙に違和感のある乞食の人が目に止まりました。
しばらく見ていると工場長から「最近あいつよく居るよ、怖いからあんま見んな」と言われ、何が怖いの?と聞き直すと
「見た目がやばい」という回答がありました。
私の感じる違和感の原因や見た目がやばいという言葉がどうしても気になり、その乞食さんを近くで見たい衝動に駆られ
近づいてみる事にしました。

そしてその乞食の人を見た瞬間、なんか背筋が凍るというのか、目の前が真っ白になるというのか表現しきれませんが
絶句しました。
あのDVD屋のおっちゃんのとこに居た無口なおっさんが乞食になっていました。

この怖い話にコメントする

中国の暗部
関連ワード