宗教
狂信

この怖い話は約 3 分で読めます。

これは某宗教団体(仮にS教とします)の信者についての話です。

S教は本尊や開祖を尊びはしますが、一番信者に尊ばれている存在は名誉会長Iで
信者になったからといって名誉会長Iに直接会えるとは限らず
ほとんどの信者は名誉会長Iの姿を直に見る事はなく一生を終えます。

Iは信者にとっての生き神様という事を理解していないと、この話は分かりにくいかも知れません。

706 本当にあった怖い名無し sage 2011/02/27(日) 16:44:17.58 ID:A7itFpGdO
ある高校にNとYという生徒がいました。

二人はS教の信者ですが、Nは宗教の試験に受かったものの最下層の信者であまり熱心ではなく
Yは強引な勧誘テクニックと盲目的なI会長への忠誠心でG長という役職でした。

NとYはそれなりに親しくしていましたが、Yの父親(板前)が名誉会長Iに料理を作った事から関係が変わりました。
「N聞いて聞いて!私の父さんがI先生に料理を作ったら、美味しいってお言葉を頂いたの♪」
「へえ、すごいじゃん」
「でね、I先生は『御家族の方にも宜しく』って言って、お菓子をくださったの!」
「へえ、良かったね」
「この意味が分かる?」
「?」

707 本当にあった怖い名無し sage 2011/02/27(日) 16:46:58.22 ID:A7itFpGdO
Yの言葉の意味が分かりかねて黙るN
「私はI先生に認められた直弟子になれたって事よ
K明党も意のままに動かせる存在になれたの!
だからN、あんたは今日から私に絶対服従なんだよ」
「はあ?何言ってるの?頭大丈夫?」
「馬鹿にする訳?私の言葉はI先生の言葉!
私に逆らうのはI先生に逆らうって事よ!
今後逆らうのは許さない」
生き神I会長を馬鹿にされたと思ったYは逆上
しかしNは『なぜそんな事でYに忠誠を誓わなくてはならないのか』アホらしくなって

私に逆らうのはI先生に逆らうって事よ!
今後逆らうのは許さない」
Nはアホらしくなってきた
「Yの言葉はI先生の言葉?寝言は寝て言ってよ」
「I先生の直弟子を馬鹿にしたら地獄へ堕ちる…思い知らせてやる
Nに何が起きても、K明党が動いて揉み消すから、警察に言っても無駄だよ。
I先生と私を馬鹿にする者は地獄へ堕としてやる
覚悟しときなさい!」

709 本当にあった怖い名無し sage 2011/02/27(日) 16:53:30.19 ID:A7itFpGdO

その後、Yは10年に渡りNに嫌がらせしつづけた。
Nの近所の家に変な噂を電話で広めたり、他の信者にNを尾行させ
何月何日何時何分にNがアレを買っただのレポートさせたり
Nが援助交際してるとか、ビラを巻いたり
Nが就職したら就職先に仲間のS教信者を送りNの仕事を妨害。

帰り道で仲間に待ち伏せさせて、Nが通りかかったら車を急発進、そのままNを跳ねかけたり
さまざまな嫌がらせを繰り返した。

芯が強かったNも流石に精神のバランスを崩して、自殺未遂後2年引きこもり、
現在は派遣やバイトで食い繋いでいるが、S教信者に勤め先がバレたら即退職するそうだ。

実はYはNが精神病んだ時点で満足してNへの嫌がらせを止めたのだが
Nはそれを信じない。

海外へ逃げても海外にもS教は広がってるために無駄だと諦め
S教信者の影に脅え、いつでも逃げ出せるように準備を整えたうえで、目立たぬように息を潜めて暮らしている。

この怖い話にコメントする

狂信