オカルト版まとめ
かなりやばい集落見つけました。

この怖い話は約 9 分で読めます。

1 :マウンテンバイク:2000/07/01(土) 06:15

宮崎県に住むものなんですが
先日かなりすごい集落を発見してしまいました
先週の土曜日に友人と2人で、サイクリングに行った時でした。
その日は、今まで行ったことのない方ない方へと道を進んでいこうということになったんです。
たぶん場所としては、青島から、北郷町あたりだと思うんですが
道がどんどん狭くなってきて、まず、舗装された道がなくなり、電信柱がなくなり、、、と、どんどん山奥の方に入っていったんです。
2時間くらい入ったところで、道が、2手に分かれていて、一方が、なぜか立ち入り禁止の看板があったので、何も考えずにもう一方の道に進んでいったんですが、
それが間違いでした。
その時気づけばよかったんですが、そのときの私達は、散策に夢中でそんなことそっちのけでした。
だって、普通そんなところに看板なんて普通ないですよね。
数十分くらいたったとき、なんかとっても嫌な雰囲気を感じたんです。
友人もなんかやばいところに入って来てしまった、といっていました。
だって、着物(振袖)が、そこらじゅうに捨ててあるんです。
そこで、私達は、立ち止まったんですが、なぜか行ってみようということいなったんです。
そこからすぐでした。
ものすごく、というか、この時代にというべきかもしれないんですが、
廃墟のような家が、4軒あったんです。
これはやばいと思った私達は、引き返そうとしたその時、
かさかさ、と、おとがして、見ると、髪がぼうぼうのおばあさんが、
こっちを見てました。
冷静さを失った私達は、逃げるようにしゅっぱつしたんですが、
後ろから、なんていっていいのかわからないような、声が聞こえてきましたが、
それどころじゃなく、アスファルトのあるところまで、一目散に逃げてきました。
本当に怖い経験でした。
今日、その友人ともう一度、そこにいってみます。
新しいことがわかり次第、報告します。

2 :名無しさん:2000/07/01(土) 06:20

>本当に怖い経験でした。
>今日、その友人ともう一度、そこにいってみます。
>新しいことがわかり次第、報告します。

うそくさいとまでは言わんが、これちょっと変じゃない?
またホッケ?

3 :名無しさん:2000/07/01(土) 06:36

犬鳴だっけかまえに話題にになったのは

7 :6>2:2000/07/01(土) 09:01

地方に行くと、道は鋪装されていない上に廃墟のような集落がいまだにある。
俺の場合、集落の人が「あんたら何しにここに来たんだ?」と方言で
言ったんだと、今考えれば思う。
でもそのぼろぼろの格好+形相にびびりまくって俺達は逃げ帰った。

8 :名無しさん:2000/07/01(土) 21:46

まじなら、がんばれ。
宮崎なら有ってもおかしくない。

9 :名無しさん:2000/07/01(土) 22:02

早く第2弾報告せよ。おれ、こういうの大好き。

14 :都民:2000/07/02(日) 01:37

すみません、なんかピンと来ないんですが・・・
やばい集落って、具体的に何がどうやばいんですか?
ただの山の中に住んでる汚いおばさんじゃないの?

それ以前にこれオカルトなの?(笑)

15 :名無しさん:2000/07/02(日) 01:39

別に山奥ならそういう集落いくらでもあります。
着物が捨ててあったのはちょっと不気味だけど。

20 :名無しさん:2000/07/02(日) 03:05

宮崎にそんなとこあるの??
いやだなあ、妹が宮崎にいるんだよね、
このごろ宮崎っていろいろきくから治安が心配。
大丈夫かなあ。

後日談楽しみにしています。

24 :マウンテンバイク:2000/07/02(日) 07:19

昨日は、先日帰ってきたほうから、向かうことになりました。
今回は、場所を明確にするため地図をもっていきました。
まず、椿山の方から、北郷町方面に向かいました。椿山は、基本的に道は一本なんですが、のぼりが終わり、くだりが始まるといくつか小さな道が出てきます。
その中で、私たちが行ったルートは、くだりの途中で、川があるんですが、そこをわたったすぐのところを川沿いに進むことになりました。
そして、かなりの獣道を行くこと40分、その間は、昼間だということもあり結構楽しかったです。
その後、急に川が小さくなり、とうとうなくなったあたりから、周りがうっそうとしてきます。そしてそこから、25分くらい行ったところの左側です。
ここからが、問題の道なんです。というのも、ここまでは、すごい細い道として、地図にも載ってるんですが、この先が、書いてある地図はきっとないのではないでしょうか(未確認ですが)
その道に入るときすっごい勇気が要りましたが、この前より早い時間だったことも私たちを助けてくれたと思います。

そこから、森の中に入ること10分くらいすると問題の分かれ道なんです。
とりあえず、立ち入り禁止の方じゃないこの前の集落の方に行こうか、ということになったんですが、
今回の二人のコンセプトは、
1:あの集落は、どういうものなのか
2:なんでこんなところに住んでるのか(不便なのに)
3:着物のなぞ
を追求しようということになっていたため、もしそこの住人と会っても、今度は逃げずに、迷って入ってきてしまった風を装いつつ聞きこみをしてみようということでした。
そして、進むこと5~6分、着物がいっぱい捨ててあるところにきました。
この前はそれを見たとき、てっきり死体がその下にあるとばかり思ってましたが、そうではありませんでした、
でも、その着物は、どれもものすごく古臭く、汚くてここ最近の時代のものには見えませんでした。しかも数は、遠くから数えたら、4枚でした。その中に子供サイズが一つだけあったのも怖かったです。
本当は、この時点で、もう怖くて引き返したかったんですが、友人が、率先していこうとするので、ついていきました。
ちょっと開けたところにこの前ばあさんがいた家がまず一軒見えてきました。
そして、そこに近づくとその家には人が住んでないことが明らかでした。中にはわらみたいな草を乾燥させたものや、木の破片みたいなものがありました。
そして、その次の家がすぐあるんですが、そこは、どうも人がすんでるようだったんですが、人の気配がまったくなかったため、すごい近くまで行ってみると、大き目の窓があったんで、中をのぞいてびっくりしました。
ばあさんがいたんです。怖くなって少し離れたんですが、どうも寝ているようでした。(死んではいなかったと思います、思いたい、、、)
かなり怖くて、私たちはまた逃げるように分かれ道のところまで戻りました。
そこで、しばらくの間、友人とどうしようか話した結果、起こすのはやめようということになり
立ち入り禁ずの看板の方に徒歩で、行くことになりました。

26 :名無しさん:2000/07/02(日) 08:18

こええ…。

28 :名無しさん:2000/07/02(日) 10:25

そ、それから? こ、こわい。

34 :名無しさま:2000/07/02(日) 17:39

マウンテンバイクさん今度又行ってその婆さんに、声かけてみてよ、何かわかるかもしれないよ。

42 :マウンテンバイク:2000/07/03(月) 01:06

立ち入り禁止の看板の方を進んでいったんですが、、、
ちょっと、、、、、、
こういうのって書いて良いのかちょっと嫌な予感もするのですが、、
とりあえず今のところ何もたたりのようなものがないので書いてみます。
看板(ちなみに、赤い手書きの文字で、立ち入り禁ずっとかいてあります)
の横を進むこと1,2分するともう一つ変な杭がありました、でもその杭は落ちているという感じで、どう見ても元からそこにあった様ではありませんでした。
その杭には、上のほうの文字は消えかかっていましたが、下のほうには、こう書いてありました、「~工事完了予定昭和65年6月」
・・・・・昭和って64年までしかないし、きっと63年か64年に始まった工事の杭なんでしょうけど、どうしてこんなとこにあるのだろうと、ちょっと鳥肌がたちました。
その杭のところから5分と行かないところでした、、、、
ああいうのって、なるべくなら見たくないもんでした、、、、
人の名前が書いてある木の棒が刺さった墓がいっぱいありました。
しかもその墓の周囲には、詳しくないから名前まではわかりませんが、綺麗な花が咲いていたのが、印象的でした。
立ち入りを禁ずの看板の意味がわかった気がしました。見知らぬ人にこの聖域を荒らされたくないんだろうということだと思いました。
一番近くの墓の人の名前が、とても古臭い名前だったので、(公表はしません)きっとずいぶん昔からあるのだろうと思いました。
「今日は、帰ろう」という友人の声にはっとして、昨日は、かえってきました。
もちろん、手を合わせてきたことは言うまでもありません。
あのばあさんに話を聞いてみないことには、ここがどういうところなのかが、わからないので、今度確実に聞いてきます。

47 :名無しさん:2000/07/03(月) 03:22

仮にネタでも、かなり不気味な展開ですね。

49 :名無しさん:2000/07/03(月) 04:42

アイスの棒に名前書いただけかもしれないじゃん。

54 :マウンテンバイク:2000/07/03(月) 06:12

朝起きて、見てます。
ここには、辛口な人が多いですね。
私は、ボキャブラリーが貧しいこと、ネタ扱いされたことなどで、ここに報告するのをためらいそうです。
結構、報告をここに書くの楽しみだったんですが、、、、打たれ弱いもので、、、
でも、明日の夕方にもう一度行くことになってるんで、そのとき、気分がよければ報告しますね。

55 :名無しさん:2000/07/03(月) 06:20

野次はお約束みたいなもんだよ。
気にしないで続き書いてちょ。
俺だったら怖くてそんな集落絶対行けないもん。

57 :そりゃあれだ:2000/07/03(月) 07:19

自給自足の生活をしてる人だ。畑とかあったでしょ?
この前テレビでやってたよ。
そういう人たちの中には電気も通ってない家に住んで
社会から隔絶した生活を送ってる人もいるんだってさ。
怖がることはないよ。
髪がぼうぼうで服が汚くても当然だ。

87 :名無しさん:2000/07/03(月) 13:15

木の棒、って、卒塔婆のことなの?
私は、丸太を削ったりして、
墓標にしたのがあたまにうかんだんだけど。
名前(俗名)が書いてあったんでしょ?
どうなのかな、マウンテンバイクさん。

93 :>85、87:2000/07/03(月) 14:24

上にも書いたが卒塔婆には普通俗名や享年は書かない。
墓碑とは違うんだから。

この怖い話にコメントする

かなりやばい集落見つけました。