オカルト版まとめ
部屋が女のたまり場になっている 3

この怖い話は約 13 分で読めます。

はじまり:部屋が女のたまり場になっている

前回:部屋が女のたまり場になっている 2

220 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/30(月) 17:02:31 ID:PITSMgy7O

ただいま。
ゴメン、実家寄ってた。

つーか、書き込もうとすると、公開PROXYがどうとか出るんだが。

で、携帯から。
どうすりゃいいんだ、コレ…

273 :本当にあった怖い名無し :2005/05/30(月) 17:44:07 ID:mGfy7V+YO

2CHはIEでみてるのか?だったらキャッシュを消してみてはどうか

285 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/30(月) 17:51:50 ID:PITSMgy7O

とりあえず、プロバイダの管理者に解除要請送っといた。
なんか1週間はかかるとか……キツい

携帯だから、ほとんどレス出来ないし、まとめんのにも時間かかると思う。
スマンな…

288 :濱口似のムー(´Д⊂) ◆TUibUvhijU :2005/05/30(月) 17:53:27 ID:3z+G+g30O

>>1
金あるならネカフェじゃね?

56:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 19:37:42 ID:MEPFtOS6

では、報告。

朝起きたのが8時。
バイトの時間は8時半。軽く寝過ごした。
しかも、雨降ってるし。

婆ちゃんとガキ二人は居なくなってて、
鬱おばさんと知らん女子高生(右脚ない)がうろうろしてた。
こっちのテンションまで下がる。

サボろうかとも思ったけど、せっかく紹介してもらったとこだし、
生活もかかってるから、行くことにした。

簡単に飯食って、出かける。
俺「ピア、行くよ」
音が一回。(はい)

部屋出て、原チャに跨る。
これはどうすりゃいいんだろうか。
「ピアはどうするの?乗ってく?」
音一回。(はい)
両肩に手が置かれた(んだと思う)。
出発。

69:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 19:46:25 ID:MEPFtOS6

「どう?原チャリ。気持ちいい?」
音一回。(はい)
気持ちいいとか分かるのか。
「覚えてる?バイク乗ったこととか」
少し間があって、三回。(わからない)
「そうかー」

とか会話してるうちに、コンビニ到着。かなり近場。

89:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 20:06:46 ID:MEPFtOS6

このコンビニの店長が親父の知り合いなもんで、紹介してもらった。かなり助かってる。

「こっからは大人しくしてくれな?」
一回。(うん)

「おはようございまっす」
店長、俺見た途端、ちょっと嫌な顔した。

店「…○○君(俺)、体、変なことない?」
俺「…え?なんか見えるんすか?」
店「見えないけど、○○君と一緒になんか入ってきたみたいだから」
俺「はぁ…」
店「また信じてないでしょ。
いや、別に体調おかしいとかじゃないんだったらいいんだけどね。
特に悪いもんってわけじゃないみたいだし。
でも、なんかあったら連絡してよ?
知り合いに、そういうの仕事にしてる奴がいるからさ」
俺「はぁ…ありがとうございます」

嘘じゃなかったんだな、店長。
仕事に取りかかる。
ピアはそこら辺うろうろしてた。

104:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 20:21:00 ID:MEPFtOS6

昼休憩。
カバンからコックリさんの紙(携帯用)取り出す。

「コンビニどう?」
『すごいね』
「なんか面白いものあった?」
『きかい』
「機械?」
『かどにある』
「…あ、ATMか」
『たぶん』
「アレ、銀行だよw」
『うそ』
「ホントw」

みたいな話をパン食いながらしてた。
誰かに聞かれたら、ただの変人だなw
多分大丈夫だと思うけど。

で、休憩終了。

スマン、とりあえず飯食うわ。

156:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 20:53:31 ID:MEPFtOS6

ただいま。
仕事は特に何事もなく終わった。
母さんから「オカズあるけど持ってく?」的なメールが届いたから、帰りに実家に寄った。
南部鉄風鈴はすっかり忘れてたわ、スマン。

で、帰宅して今に至る。
帰ってきたら、婆ちゃんだけしか居なかった。
体調に関しては問題なし。
自分ではPCのやりすぎかな、と思ってる。
いや、ピアを擁護してるわけじゃないよ?w
飼ってた動物は…インコくらいしかないかなぁ。あとモンシロチョウ。
死んでるのは見かけてないな。

192:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 21:09:28 ID:MEPFtOS6

「今日、楽しかった?」
『うん』
「なんか思い出せそう?」
間があって、『わからない』
「あ、ゴメン。無理に思い出さなくていいから」
『わかった』

275:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 21:35:12 ID:MEPFtOS6

「今、呼んだ?」
『たぶん』
「どうやったの?」
『わからない』
「何か考えた?」
『よぼうとおもった』
「もっかい出来る?」
『やってみる』
しばらく間があって、
『むりみたい』
「そうかー…どうしてだろ…」
『どうしてだろう』
「…ね」

335:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 22:03:03 ID:MEPFtOS6

テレビ付けた。

「なんか見える?」
『みえない』
「音とかは?」
『きこえないよ』

373:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 22:16:09 ID:MEPFtOS6

「ピアはさぁ、俺と話してて疲れない?」
『うん』
「それじゃ、どんな感じ?」
『あんしんする』
「そーかぁ。
じゃあさ…ちょっとキツい質問かも知れないけど、ピアはこのままの状態でいいと思う?」
少し間があって、
『よくない らくだけどそれじゃだめ』
「だよな…ピアも分かってんだな、ちゃんと…」
『うん』

キツい…
でも、ピアの方がもっとつらいんだよな…

396:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 22:23:58 ID:MEPFtOS6

俺が凹んでどうすんだって感じだよな

450:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 22:48:35 ID:MEPFtOS6

「ピアは行ってみたいところとかある?」
『わからない』
「パッと思いついたところでいいんだけど」
間があって、『すいぞくかん』
「水族館?」
『そう』
「じゃあ、今度行ってみる?」
『うん!』

今思ったんだけど、[はい]と[いいえ]、最近全然使ってないな。

543:あなたのうしろに名無しさんが・・・?:2005/05/30(月) 23:26:13 ID:cDtrcIjI

1は強いなw

>>543
別に強くないよ。
一人で寂しいっていうのはなんとなく分かるし。
だから、助けてあげたいだけ。

「ピアはもうさみしくない?」
『すこしゆうきでたよ』
「頑張ろうな」
『うん!』

570:◆fkXmFVGog.:2005/05/30(月) 23:41:17 ID:MEPFtOS6

そろそろ寝るわ。
今日もいろいろありがとノシ

749:◆fkXmFVGog.:2005/05/31(火) 19:56:40 ID:SXWtP0mk

起きたら、ピア以外に若い女が2人。
会話とかの関わりはないみたいだった。
出かけるまでに、婆ちゃんが増えた。

バイト先に到着。今日もピア一緒。
俺の後の奴が来られないことを聞く。

仕事開始。
午前中、客がいない時間を見計らって、店長を控え室に呼ぶ。

俺「あの…嘘ついてたことがあるんすけど…」
店「え?何?実は彼女いるとか?可愛い?その子」
俺「…いや、そうじゃなくて」
店「違うの?じゃあ、何」
俺「店長、霊感あるとか言ってるじゃないすか」
店「うん。まぁ、自慢することでもないんだけどさwははw
…あ、そうそう。昨日言ったやつ、今日も付いてきてたみたいだよ」
俺「…あー、そのことなんすけど」
店「ん?」
俺「実は知ってたんすよ、俺。っていうか、俺が連れてきたんす」
店「え?え、嘘。ホントに?」
俺「はい。霊感っていうか…あるんすよ」
店「え、じゃあ、今まで僕が話してた話、信じてなかったのも嘘なの!?」
俺「あ、いや…それはマジです。
まぁ、昨日のでホントだって分かったんすけど」
店「ちょっとw霊感あるんだったら信じてよ。ひどいなぁw
で、見えるの?感じるだけ?」
俺「あー…見えます。電源付けたり消したりする感じで、見えるときはかなりはっきり」
店「うっそォ!あの、よっちゃん(仮名・親父のあだ名)の息子なのにィ!?」
俺「…まぁ、はい。で、話なんですけど…」

763:◆fkXmFVGog.:2005/05/31(火) 20:22:41 ID:SXWtP0mk

部屋のことから、現在のことまで簡単に説明。(当然ながら、ユートピアのくだりは話してないw)

店「うーん、そーかぁ…すごいなぁ、なんか」
俺「あんまり驚いてないっすね」
店「あー、この前話した奴いるじゃん?能力で仕事やってるって奴。大内(仮名)って言うんだけど。
あいつの話、いろいろと聞いてるからさ。
まぁ、○○君がそういう体質で、こういう状況抱えてるってのはビックリだけど。
で、ホントに体調の方は大丈夫なの?」
俺「はい、問題ないっす(マジ)」
店「そう…よかった。僕は詳しいことよく分からないんだけどさぁ、
あんまり深く関わりすぎるのは、よくないんじゃないかなって」
俺「…そうすっよね」
店「うん、一応、大内にそのこと話してみてもいいかな?念のため」
俺「…あ、よろしくお願いします」
店「で、その子今どこ?店内かな?」
俺「あ、はい。うろうろさせてます」
店「ちょっと、接触してみたいんだけど」
俺「えっ?いや、見えてないとどうすかね…」
店「ちょっとだけでいいからさ」
俺「はぁ…やめた方がいいんじゃないすか?」
店「いや、大丈夫!自分で責任は負うよ」
俺「じゃあ…ちょっとだけですよ?待っててください」

ピア呼んでくる。

俺「あー、連れてきました」
店「うん、分かる分かる」
俺「あ、ここに居ます」
店「OKOK」

ピアきょとんとしてる。
店長手を伸ばす。

店「触ってる?」
俺「なんか透過してます」
店「そっかー…やっぱダメかぁ…
いやさ、僕も認識出来れば少しは役に立つかと思ったんだけど…
やっぱり、見えてないからかなぁ…」
俺「…店長…すんません……てっきり、個人的興味で言ってたのかと……ありがとうございます」
店「いいよ、いいよwそういうのもなかったわけじゃないしさw
ま、僕に出来ることあったら言ってよ。出来る限り協力するからさ。
…あっ、大内には今日中に連絡しておくから」
俺「仕事のことだけでもありがたいのに…ホント色々すんません」
店「ははwなんか照れるなぁwあんまり気にしないでよw
うん…よし!仕事だ仕事!忙しいのはこれからだしね!」

で、仕事に戻る。
ピアには礼言って、引き続きうろうろしててくれるよう頼んだ。

スマン、いったん夕飯。
腹ペコペコだよw

で、バイト終了。

帰りに実家寄って、地図借りてきた。

つーか、ピアが見える頻度が多くなってきた希ガス。

465 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/31(火) 21:49:43 ID:yMH2igEn0

いろいろ迷惑かけてすまんかった。
報告等はこっちで続けたいと思います。

476 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/31(火) 22:01:02 ID:yMH2igEn0

ピアに借りてきた日本地図見せた。

「これ見える?」
『ううん』
「そーかぁ。どんな風に見えてる?」
『もやもやしてる』
「もやもやか…ちょっと、待ってて」
音一回。

479 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/31(火) 22:02:27 ID:yMH2igEn0

メモ紙に日本地図書いて、ピアに見せた。

「これは見える?」
『うん』
「なんかピンとくるとこないかな?」
『なにこれ?』
「え?日本地図だよ」
『うそ!?』
「ど、どうした?」
『へた』

下手!?苦手なんだよ、こういうのは!wつーか、ピア笑ってるし。

「ひどいな…傷付いたわー」
『ごめん』
「嘘だよw気にしてないw」
『なんだ よかった』

地図書けねぇ…orz

480 :本当にあった怖い名無し :2005/05/31(火) 22:04:01 ID:eM6nhcr10

>>479
笑ってもらうという目的は達成したようだねw

494 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/31(火) 22:07:32 ID:yMH2igEn0

そう、笑った。
今までも笑ってる『感じ』っていうのは何回かあったんだけど、実際に見たのは初めて。
やっぱ、人間でも幽霊でも笑ってる顔が一番だよなw

レポート用紙あったかな…
ちょっと探してみるわ。

509 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/31(火) 22:15:06 ID:yMH2igEn0

あったよ!
ちょっと待ってて。

よし!完成!これで大丈夫だろ!
ピアに見せた。

「はいっ!これでどうだ!w」
『がんばったね』

笑ってるよ。

「うっさいw…で、どうかな?ピンと来るところない?」
間があって、『ここらへん』

関東だわ。

部屋が女のたまり場になっている エピソード2

531 :本当にあった怖い名無し :2005/05/31(火) 22:32:49 ID:ZJ5wFtgkO

次は関東の地図だ

>>531
おk
それやったら寝るわ。
ちょい待ち。

532 :本当にあった怖い名無し :2005/05/31(火) 22:33:36 ID:LTMvuGjq0

具体的に関東の何処ら辺を指したのだろうか?
あと書いた地図、両方うpお願いします。

>>532
ぐるぐるって、関東らへん。
具体的な所は指してないよ。
うpロダって前のとこでいいよね?

577 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/31(火) 22:59:55 ID:yMH2igEn0

関東地図出来た。けど、ちっちゃい…
デカいのは、ホントデカすぎて入りきんないわ。

「この中で言うと、どこだと思う?あ、ピアが住んでたとこの話ね」
結構間があって、『わからない』

608 : ◆fkXmFVGog. :2005/05/31(火) 23:16:52 ID:yMH2igEn0

PC用画像 携帯用画像
写した方の九州地方が小さいのは、ちょうどページの境だったから。
ちなみに、マジックでなぞってあるのはうpのため。
ピアに見せたときは線が細くて、もうちょっと見やすかった。

スマン…眠い。

734 : ◆fkXmFVGog. :2005/06/01(水) 20:12:08 ID:jBC6RDmo0

帰ってきてすぐ寝ちまった、スマン。
なんか大変なことになってるみたいだな、避難所とか見ると。
俺自身はまったく健康体なんだが…

とりあえず報告。

761 : ◆fkXmFVGog. :2005/06/01(水) 20:30:31 ID:jBC6RDmo0

起床。
ピア以外に居るのは婆ちゃんだけ。

飯食って、バイト先へ。

到着。
俺「おはよーございまっす」
店「おぅ、おはよう。おっ、今日も来てるねーw
で、あとで時間あるときちょっといいかな?」
俺「…あ、はい」

客がない時間帯、店長に控え室に呼ばれた。

798 : ◆fkXmFVGog. :2005/06/01(水) 21:20:04 ID:jBC6RDmo0

店「あれから家帰った後、大内に電話したんだよ。で、○○君の話をしたの」
俺「…どうでした?」
店「うん、まぁ大丈夫そうだって言ってたよw
まず、小さい頃からの慢性的な強い霊感で、体調にも影響が出てないっていうのが一つ。
急に発露したような霊感ってのは、たとえ強くても不安定なんだってさ。
それに、本当にマズい状態だったら、まったくもって健康なんて状況はないと言っていいんだって。
あと、その霊の印象が悪いもんじゃないっていうのがもう一つ。
霊自身が、何らかのカモフラージュをしてるって事例もあるらしいんだけど、
それやってりゃ、話聞いただけで分かるってさ、大内は。
とりあえず、今はやりたいようにやって大丈夫だって。
残りカスがある状態で浄霊しようとしてもやりにくいし、それで成仏してもあんまりよくないんだとさ。
なんかマズいと思ったら、連絡してくれればいいからってコレ」

799 : ◆fkXmFVGog. :2005/06/01(水) 21:22:10 ID:jBC6RDmo0

電話番号が書かれた紙渡された。

俺「ありがとうございます。いろいろ」
店「いや、応援してるからさ。昨日も言ったけど、僕に出来ることがあったら言ってよ。
出来ることないかもしれないけど…w」
俺「いや、なんかあったら相談しますw」
店「ははwありがとwじゃ、仕事戻ろうか」

で、何事もなく(あっても困るが)仕事終了。

なんかここんとこ毎日、12頃までPCやってるから昼間眠くてたまらん…
飯食ったら、今日はもう寝るわノシ

 

この怖い話にコメントする

部屋が女のたまり場になっている 3