業界
テレビ業界のタブー

この怖い話は約 2 分で読めます。

昔、大阪である深夜番組が放送されていました。
笑福亭一門の鶴何とか師匠の番組だったと聞きます。
その番組で、怪奇現象の特集のような回があったそうです。

そこに一葉の心霊写真が送られてきました。女の子が三人写っている写真で、

それぞれ、腕、足、首が写っていない写真でした。

そして、そのうちの二人は事故でなくなり、それぞれ写真に

写っていなかった脚と腕を無くして死んだと説明されました。

写真を送ったのは最後の生き残り、首のなかった女の子でしたが、

彼女は写真の呪いをとても恐れていたそうです。

そこで番組側が、呪いなど存在しないことを番組中で証明しようとして、

彼女に番組に出演して貰おうと考えました。

しかし、深夜の生放送番組のことだったので、彼女の母親も同伴してテレビ局にやってきました。

ところが・・・・・・。

目的地に到着した直後、彼女は突っ込んできた車にはねられ、

写真の通り首を切断されて死んでしまいました。

同行していた母親は錯乱して、娘の首を持ったまま、収録スタジオに飛び込んでしまいました。

そのため、数秒間とは言え、テレビ電波に乗って

生首の映像が大阪府域に放送されてしまったのだそうです。
業界関係者の間では、今でもこの話がタブーになっているのだとか。

この怖い話にコメントする

テレビ業界のタブー