学校の怖い話
自動ドア

この怖い話は約 2 分で読めます。

俺が勤務している公民館の話
小学校に隣接しており、3方は小学校、前はドブ川
夜間(といっても18時~21時なのだが)何故か自動ドアが勝手に開閉する
ちょっと困った事に、人が見ていない時限定で開閉するのだ
勤務時間が終わり、館を閉めようと見回りに2階へ上がる・・・
自動ドアの開閉を知らせるチャイムの音がする
「ん~?川筋をジョギングする人がトイレを借りに来たのかな?」
と急いで階下へ、狭い館である、5秒とかからない・・・しかし、人影は無い
今年に入って、3回あった
受付に座って日誌を付ける、ほんの数秒下を向いている時にも開いた
不思議に思い、外へ出てみる。左右は小学校の金網、どんなに足が速くても姿を隠す事は出来ない
前は真っ暗いドブ川の水面・・・
交代で詰めているもう一人の管理人は「電圧不良の誤作動」だと言う
では、何故、人が見ている目の前では起こらないのか?
昼勤務の時に起こらないのは何故だ?
もう一つ
これは、昼勤務の日に起こる
長くなるので、この次に(面白くなかったらスマン、もう書かん)

この怖い話にコメントする

自動ドア
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。