学校の怖い話
かくれんぼ

この怖い話は約 7 分で読めます。

301 本当にあった怖い名無し 2008/08/15(金) 10:09:12 ID:Nf/F3LV40
おれが通っていた学校で聞いた
ちょっと長いけど、書こうと思った。

今から3年前、コンピュータ専門学校に通っていた5人の生徒が
肝試しをしようという話になって、学校内で待ち合わせることになった。
その学校は夜になると、シャッタが下ろされ出入り口も封鎖し
電源もすべてブレーカから落とされるため、警備員も見回りを終えると
すぐに帰ってしまうようになっていて、夜中は
まったくの無人になることが知られていた。
都会の中心部にある学校にも関わらず、心霊スポットが周辺にいくつもあり
あまりいい噂も立つこともなく、学校にお化けが出るという話も飛び交うようになっていた。
5人は、肝試し当日、学校に残って閉鎖される時間になると、見回りに目をから
逃れるために、一人一人安全な所に隠れた。トイレの扉の裏、物置の隙間、非常階段の影などに。

302 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/15(金) 10:09:46 ID:Nf/F3LV40
無事、警備員がいなくなり、5人だけになったことを確認すると
リーダの一人が言い出した。「よし。予定通り肝試しを始めるとするか」

-ここからは、肝試しをする5人をA,B,C,D,Eという風に呼ぶことにする-

肝試しのルールは簡単だった。ただかくれんぼをするだけ。
鬼に捕まえられると、暗いサーバールームの中に放置される。
リーダのBはクジを用意し、他の4人に引かせていく。

すると、鬼はCになった。

Bは言った。「じゃぁC。お前鬼だから、5分間数えてからスタートな」
Cはおとなしく、数を数え始めた。
数を数えをおえて、Cは歩き始めた。

学校の建物は、1号館、2号館に分かれていて、
鬼ごっこは2号館で行われた。
2号館は実習室ばかりしかなく、壁は分厚く硬い作りで声や音は廊下によく響くのに
窓はほとんどなくあっても嵌め殺し小さな窓が数枚あるだけで
足元を照らす明かりは携帯電話を開いた時に出る光ぐらいしか
当てになるものはなかった。

303 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/15(金) 10:11:02 ID:Nf/F3LV40
コツーンコツーンと廊下を歩く音が響く。
しばらくすると、警備員の目から逃れるために隠れていた場所に
かくれんぼが始まるとすぐに戻って隠れていたAが、Cに見つかった。
「A、みっけ。」

Aはおずおずと出てきて、かくれんぼのルール通り
サーバールームに連れて行かれ、そこで閉じ込められた。

サーバールームは、内側から扉をあけることができない造りになっており
本当に漆黒の闇で光は一切なかった。

閉じ込められたAは、しばらくじっとしていたが長くはもたなかった。
外部の音は全く聞こえないし、光はまるでない。
強い不安に駆られたAは外部と連絡を取るために携帯を開いた。

少しの明かりがサーバールームに漏れる。

しかし、かくれんぼをしている他の人にメールを打とうとしたが
電波を遮断する構造になっているためか、圏外になっていた。

完全な孤独、孤立。

304 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/15(金) 10:12:54 ID:Nf/F3LV40
霊感のあったAはどんどんその空気に押され
ついには我慢できなくなって
「怖い!怖い! 開けてくれよ!」
「暗すぎて何も見えないし、やばいって」と大声を出し始めた。

すると、サーバールームの奥から「コトッ」と音がした。
とたんにAはせきを切って悲鳴を上げ始めた
「うわぁぁ!やめてくれ!早くあけてくれ!」
Aは錯乱しながら、扉を必死に叩いた。何度も何度もたたいた。

すると、扉がガコッ!っと音をたてて開いた。
Aはあわてて外に飛び出し少し走ると、いつも見慣れた廊下に出た。

そこは、サーバールーム比べると、少しだけ明るくなっていて
前を走っていく人の姿が見えた。

「おい待てよ!」Aは声を上げながら逃げていく誰かを追いかけた。
目はほとんど見えないが、硬い壁に音がぶつかりよく跳ね返るため
距離をどんなに離されても見失うことはなかった。

しかし、追いかけていくうちに、おかしなことになった。
フロアごとに一つしかない階段が目の前にあったのだ。
逃げていくには、階段を降りるしかない。電源が落とされているため
エレベータは使えないから、上下のフロアに移動するには階段を
使うしかない。しかし、階段を上り下りする音は聞こえなかった。

まだ、間違いなくこのフロアにいる。
汗をぬぐいながら、周りをみた。

「探さないと…」

305 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/15(金) 10:14:38 ID:Nf/F3LV40
Aは廊下を歩き始め、考えた。
「ひょっとしたら、おれと同じように看守から隠れた時と同じところに隠れているんじゃないか」
そう思い、Aは歩き始め、トイレの方に向かった。
そーっと歩いて行き、トイレに入り、1つある個室の扉を開けようと手を伸ばそうとした時
突然、個室から誰かが飛び出してきた!

そいつは「あははははははは!」と笑いながら音を立てて走っていった
Aはあまりに急な出来事だったため、その場に倒れて
動けなくなってしまった。

しばらくじっとしていると、動けるようになったため。
また、他の4人を探し始めた。
が、誰も見つからず、ふらふらとさ迷っていると

一か所だけ、まだ見ていない場所があった。
「サーバールームだ」
Aは恐怖と闘いながら、そこに人がいるであろう可能性を信じて歩いていた。
サーバールームにたどりつくと、扉が飛び出した時と同じように開いていた。

しかし、飛び出した時と様子が違っていた。
サーバールームの中の一台のパソコンの画面がついているのだ。

恐る恐る、近づくA

306 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/15(金) 10:16:42 ID:Nf/F3LV40
画面を見ると、真っ暗な画面に赤い文字で
「真っ暗闇。足を刈られる黒い部屋」

次の瞬間、バンッ!と音がして
またAはサーバールームに閉じられてしまった。Aはまた叫んだ
「うわぁぁぁ!」暗闇に浮かぶ赤い文字に耐え切れなくなったAは
パソコンを落とそうとする。しかし、終了しようとしても終了できない。

あわてて、電源ボタンを押して消してしまおうと
ボタンに触ると異変に気づく。ボタンが鋭利な刃物で
ズタズタに傷つけられていた。「!!!」
とっさにAは、パソコンの電源コードを一気に抜いてしまった。
すると辺りは、また漆黒の闇へ。

「ぎゃぁぁぁ!」叫ぶA光を求めて、震えながら携帯を開く
「新着メール1通です」

メールを受信していた。Aは気が気でないまま、携帯を開いた。

「ずっと、うしろにいるよ」

Aは、完全に取り乱してサーバールームの扉をたたき始めた。
「助けてぇぇ!!」すると、突然、目がくらみ前が見えなくなった。

「うぎゃぁぁぁ!!!」

307 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/15(金) 10:18:20 ID:Nf/F3LV40
…サーバールームに明かりが灯されたのだ。
「あははははは!!」
そこには、3人が立っていた。ずっと奥の物陰に隠れていたC,D,Eだった。

「かくれんぼを始めてから、ずっとここに隠れていたんだよ。」
「お前が叫んでいる間、笑い声が聞こえないか心配だった。」
「捕まえられて閉じ込められている間、音を一度立ててしまって
バレてしまうと思ったが、お前思った以上にビビってるから
逆に恐怖をあおることになって、本当によかった。」
「よくない!本当に怖かったんだ。」
「コンピュータの仕掛けもこのメールも全部お前ら3人がやったのか?」
「そうだよ。お前がこの部屋からいなくなる合間をぬって作業した」
「すべてお前をはめるためだ」
「しかし、サーバールームの電気系統だけ
電源元から別になってるの知らなかったのか?」
「一番苦労した隠れるスペースを作った意味がなかった。」
「暗いなら電気をつけろよ。」
「しるかそんなもん」
「みんなグルかよ。」
そんな会話をしていると、サーバールームの扉が開いた。
ひょこっとBが現れる。
「みんな、お疲れ!」
「Aどうだ?楽しかっただろう」
「お前が悪の根元か!」
「あぁ。いろいろ苦労したんだぞ。隠れる場所にも困った」
「廊下なんて、だだっぴろいだけで隠れる場所なんてなかったから
ゴミ箱に隠れていた。我ながら体を張ったもんだ。」

この怖い話にコメントする

かくれんぼ
旬の記事
よく読まれています(週間)
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。