学校の怖い話
ばりばり

この怖い話は約 3 分で読めます。

はじめに、私は先日ひどく怖い夢をみました。
それで誰かに聞いてもらいたくここに書き込むことに決めたのですが、『猿夢』という話と大変似通った内容であることに気付きました。
それを読んで私自信かなり驚き、似たような話を書くことに若干ためらいもありましたが、決してパクリや創作ではないので読んでみてください。
私は学校にいた。
中学校だ。
もう随分前に卒業した。
これが夢だとすぐに気付いたのはあまりにも校内がしーんと静まりかえっていたからだ。
何より今の自分に中学校に来る用事などない。
少々不気味ではあったが、緑色の廊下や歩くとミシミシいう教室は懐かしかった。

しばらくぶらついていると、廊下の隅にあるトイレが目に付いた。
「はは、懐かし」
中学時代の私は胃腸が弱く、授業中にトイレに駆け込むこともしばしばあった。
だから、変な言い方だがトイレは結構身近な存在だった。
「キィッ」
とドアを開けて中に入る。
相変わらず汚い。
私はなぜか吸い込まれるように個室に入った。
洋式トイレにどかっと腰を下ろす。
『何で、俺こんなことしてんだ・・・?』
そこでようやく私は自分の行動の異常さに気付いた。
そう、
『なんで私は夢の中でトイレの個室なんかに入っているんだ』
と。
じわじわと恐怖感が芽生え始めた。
『怖い・・怖い! 何で俺トイレなんかに入ってんだよ・・!』
軽いパニック状態に陥り、キョロキョロと周りを見回した。
すると、動いたはずみでかさっという音が上着のポケットから聞こえた。
何だろうと思って引っ張り出してみると、それは何の変哲もない一枚の紙。
くしゃくしゃに丸まっていた。
開いてみる。
そこには私の筆跡と思しき字でこう書かれていた。

【ばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばり】

『ばりばり・・・?』
意味が分からない。
元々字が汚い私であるが、そこに書かれている字はそれに輪をかけて汚く、ひどく焦って書いたような印象があった。
首をかしげて疑問符を浮かべていると、一番奥の個室から物音がした。
「!!!」
びっくりした。
誰もいないと思っていたのに。
音は断続的に続いていた。
自然とそっちに耳を傾けると・・・
「ばり・・・ばりばり、ばりっ・・・・ばりばり」 心臓が飛び出るかと思った。
ばりばり・・・
紙に書いてあったのはこのことだ。
でもこの音源がなんであるのかは全く見当がつかなかった。
ただ言えることは、なにか軽い感じの音ではなく、なんとなく重い感じの音だった。
私は今すぐ逃げ出したい気持ちだったのに、どういうわけか壁をよじ登って上から音源の個室を覗き見ることにした。
もちろん細心の注意を払って音一つたてないようにだ。
私は見た。
私の個室からは隣の隣に位置するため、すべて見ることは出来なかったが、音源が人間であることは分かった。
それも女の子だ。
黒髪の。
おかっぱで。
そう、まるでみんながイメージする『トイレの花子さん』そのまんまだ。
髪の毛が邪魔で何をしているかは分からなかったが、そいつが何やら頭を上下に動かすたびにまたあの
「ばり、ばり」
という音が響いた。
私は自分でも驚いたが、信じられないほどの勇気をもってさらに身をのりだした。

この怖い話にコメントする

ばりばり
関連ワード
関連ページ
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています