オカルト版まとめ
残業の恐ろしいおはなし

この怖い話は約 3 分で読めます。

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/21 23:49

消えてしまったので再び立てたド——(・∀・)——-ン!!
会社での残業、バイト先での居残り、夜勤などでの
怖いお話ボシウチウ
7 :名無し:03/05/22 00:26
去年の11月ころ、上司も部下も帰って一人で残業していた。
電話が鳴り、受話器を取り会社名を名乗ると切れる。それが3、4回続いただろうか?
イタ電にいささか頭に来たので、次にかかってきた時、会社名を名乗らず耳に受話器を
押しつけ向こうの音を聞くことにした。
しかし、向こうからは音は何もない。俺も意地になって何分でもつきあおうと思った。
3分位経過したときだろうか、聞こえるか聞こえないかの声で 「き れ た」と相手
が言って電話が切れた。
相手の声が異常な感じがして(地獄からの声とはああいう物なのか)とるものもとりあ
えず、書類を机にしまい込んで家に帰った。
今でも、一人で残業の時には電話が鳴るとドキッとする。

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/22 00:55

看護師でつ。
夜勤で恐ろしい話。
いっぱいあるなかで一番おそろしかったのは

紙オムツを食べていたおじいちゃん(う○こ付き♪)。

コレに出逢ったときは泣きました。。。

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/22 00:56

>> そういう怖さも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/22 00:59

>>8
ぎょえ~~!!
そうなる前にあっさり死にたいと思う、けふ此の頃・・・

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 01:03
うちの父上が入院していたときの話.同室の人が糖尿病がひどく
脳もやられていたそうな.その人は結局片足を足首のところで,
切断しました.ある晩,父上が寝ていると,当直の看護婦さんの
悲鳴が聞こえた.見ると,その足を切断した人がいない.とりあ
えず,悲鳴のしたほうにいってみると,その足を切断した人が,
切断面を床に付けながら,べたっ,べたっと,血のスタンプをの
こしながら,歩き回っているのでした.

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 01:05

>>12
そ、それは怖いけど、残業ではないっす・・・

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 01:31

残業しすぎて過労死するのが一番恐いです。
こんなご時世、全国ではそういう人もたくさんいることでしょう。
大企業相手に訴訟もおこせず泣き寝入り状態。

この怖い話にコメントする

残業の恐ろしいおはなし
ここ1か月ででよく見られています