占い・おまじない、呪い
呪いは存在する

この怖い話は約 3 分で読めます。

242 呪いは存在する 2009/02/04(水) 15:57:51 ID:Ty50tix3O
私が体験した実話です
文章を書くのが苦手なので、読みにくかったらスルーしてください

数年前、アパートで一人暮らしをしていました
同じ時期、私が働いていた会社の上層部で問題が起き、仕事が出来なくなり、休職となってしまい、
私はその会社を辞めてとりあえず生活するために日払い制度のある水商売をしていました
その日暮らしというのは大変な生活です
なんとか日々の生活には困らなくなり、日払いから月払いへ移行して貰い、生活も人並みになることが出来ました
水商売といっても、同伴もノルマもなく、カウンターでカクテルを作りながらお客さんと世間話をしていればいい、という健全なバーでの仕事です
収入も時給1000円、至って質素な生活でした

その頃付き合っていた彼が、仕事を辞めて私の部屋に転がり込み、同棲生活になってしまいました
私は、仕事を探しに行くと言ってパチンコに行き、光熱費すら払わずに私にお金を借りる彼に嫌気がさしました
時給1000円で家賃と二人分の光熱費と食費を払うのがどれだけ大変か
仕事を終えて朝方部屋に帰ると、電気を点けてゲームばかりやっている彼に殺意が芽生え、
「ピカチュウじゃないんだから電気代を浪費すんじゃねーよ」
と言ったのを覚えています

243 呪いは存在する 2009/02/04(水) 16:14:40 ID:Ty50tix3O
もう同棲生活は破綻していました
私はピカチュウに、仕事をしないなら出ていけと言い、
半ば追い出す形で別れました

私は、生活を立て直そうと必死でしたが、
仕事がある事だけが救いです
なんとか気持ちを前向きに保ちましたが、今考えると、いつでも折れる寸前だったように思います
そのせいか、好きでもない人と付き合ってしまいました
本当に私がバカでした

最初は全く知りませんでしたが、その男には彼女がいました
私は、それを知った時に、すぐに別れようとしましたが、男が拒否します
話しが前に進まないし結論もでないので、面倒になり、そのまま放置していました

しかし、私の知らない所で話が進み、その男が彼女に別れ話をしたそうです
そして、別れ話がこじれて、彼女が気色ばんで私の部屋に怒鳴り込んできました
朝の6時でした
玄関をあけると、男はその彼女の後ろに情けない顔でついてきています
ムキー!と怒っていたちんちくりんな女にも心底ウンザリしましたが、2人とも部屋にあがって貰い、話を聞きました

チンチクリンは、怒っていたのは玄関先でだけ、部屋に入るとすっかり落ち着いて、
「キレイな部屋ですねー、あたしとは大違い」
と部屋を見渡してから、男を睨みつけました

私はその顔を見て、またウンザリしました

244 呪いは存在する 2009/02/04(水) 16:27:29 ID:Ty50tix3O
最初はそうウンザリしていましたが、
チンチクリンと私の会話は進み、なんか仲良くなってきました

この怖い話にコメントする

呪いは存在する
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています