表に出てない、あなたの知っている「ヤバい」話
核開発

この怖い話は約 2 分で読めます。

705 : 本当にあった怖い名無し : 2008/05/16(金) 12:18:39 ID:Yr4IoDO20
ニ号研究・F研究の開始
昭和15年(1940年)、理化学研究所の仁科芳雄博士が安田武雄陸軍航空
技術研究所長に対して「ウラン爆弾」の研究を進言したといわれている。
昭和16年(1941年)に日本陸軍は理化学研究所に原子爆弾の開発を委託、
アメリカによるマンハッタン計画が開始された翌年の昭和18年(1943年)
1月に、同研究所の仁科博士を中心に開始された。この計画は天然ウラン
中のウラン235を熱拡散法で濃縮するもので、昭和19年(1944年)3月に
理研構内に熱拡散塔が完成し、濃縮実験が始まった。他方、日本海軍も
昭和16年(1941年)5月に京都帝国大学理学部教授の荒勝文策に原子核
反応による爆弾の開発を依頼したのを皮切りに、昭和17年(1942年)に
は核物理応用研究委員会を設けて京都帝大と共同で原子爆弾の可能性を
検討した。こちらは遠心分離法による濃縮を検討していた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E9%96%8B%E7%99%BA

日本の原爆は完成していた?

706 : 本当にあった怖い名無し : 2008/05/16(金) 13:23:55 ID:Zh6Ej6dG0
>>705
アメリカは日本の国家予算よりも多額の資金をマンハッタン計画に費やしたのに、
すずめの涙の資金と片手間で日本に作られたら、たまったもんじゃないなw

708 : 本当にあった怖い名無し : 2008/05/16(金) 17:18:45 ID:ngK9NgwY0
>>705
当時の先進国はどこも核爆弾の研究をしていた。
日本は太平洋戦争に突入する前後に鬼畜米英の大合唱をしたので留学生連中が国外に逃げて研究が頓挫した。

この怖い話にコメントする

「核開発」と関連する話(表に出てない、あなたの知っている「ヤバい」話)

核開発
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。