エレベーター・密室
エレベーター

この怖い話は約 3 分で読めます。

私は今年の夏はずっとバイトをしようと決めてました。
夜は警備員のバイトをしてそのまま朝、新聞配達をして寝るという生活が続きました。

ある日、社員の人が
「10分ほど行った所にあるビルなんだけどちょっと異常があったから見回ってくれない?バイト代に色付けるから」
と言ってきたので、一緒にまわる友人――まぁ、仮に友人をAとしましょう――と二つ返事で承諾しました。
その時はさほど変には思わなかったのですが、普通、時給のバイトに+?でバイト代を出すなんて今考えればやっぱり変ですよね。
異常があったのは5階建ての雑居ビルで、見た目からしてなんか出そうな所でした。
表の鍵は掛かっていました。
もちろん裏もカギは掛かっていました。
鍵を開けて私とAは中に入りました。
異常があったとされる1階は何もなし。
「一応各フロアも回るように」
と言われていたので、私と友人は各階ごとに一人が見回り、もう一人が非常口が見えるエレベーターホールに待っていることに決めました。
そして5階は友人が見回り4階は私が・・・ということになりました。

5階は普通のオフィスで、Aが見回っている間、私は
『非常口のドアは?』
とノブを回したのですが、カギが掛かっているのか開きませんでした。
Aが
「異常ないよ。こりゃもうけたな」
と笑ってホールに戻ってきました。
次は4階、私が見回る番でした。
階段が使えなかったのでエレベーターで4階へ。
そこは倉庫として使っているのか、ホールにも段ボールが積んでありました。

『さて、行くか』
と思ったその時、私の携帯に会社から電話が入りました。
アンテナが1本しか立ってなく、やばいかなーと思いながら出るとすぐに切れてしまいました。
表示は圏外。
Aはここで待って、私は外に出て電話をかけ直すと言うことになり、何の気なしに非常口のノブをひねると開きました。
5階で非常階段を見回ってなかったので、私は階段で行くことにしました。
5階は異常なし。
4階に戻るとAが
「慎重すぎる」
と笑いました。
3階、ここも非常口のドアは鍵が掛かっているらしく開きませんでした。
2階も同様に鍵が掛かっていて開きませんでした。

1階に着いたとき携帯がまた鳴り、表示を見ると会社から。
アンテナは3本立っていました。
『あれ?』
と思い出ると、社員の人がAの事をしきりに聞くので、
「普通ですよ。どうしたんですか?」
と聞くと、さっきから何度もAの携帯番号で会社に何回も電話がかかって来ているらしく、しかも出ると必ず「ザー」と言うノイズ音しか聞こえないので、
「何かあったのか?」
と言うのです。
「いや、何もないです。Aの携帯の故障じゃないんですか?」
と笑いながら言うと、
「なにも無いならいいんだ」
と言って切れました。
階段で4階まで行くのは疲れるのでエレベーターで行こうと上ボタンを押したのですが、一向にエレベーターは4階から動きませんでした。
私はAが悪戯してるのだと思い、仕方なく階段で4階まで戻りました。

この怖い話にコメントする

エレベーター
ホットタイトル
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています