ほんとにあった復讐
罠の仕組み

この怖い話は約 4 分で読めます。

353 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 16:30:47.31 ID:rzj1qUF70
中学生の頃の話

当時はいじめられっ子で、よく物が無くなったり、上履きに画鋲をしかけられたりしてた
ある日学校に来たらロッカー(鍵は付いてない)の中の物がゴミ箱に捨てられる、というイジメがあったんだ
その日はまたか…程度に思って我慢してたんだが
同じことが次の日も、その次の日も、と3日続けて同じことがあって
流石の俺もキレて犯人見付け出してボコってやるって思って
犯人を見つけるのに罠仕掛けるのがいいんじゃないか、と思ってその日の授業中はずっと罠の仕組みを考えてた
んで丁度ペンケースにあった太めのゴムと、セロテープ、それと図工に使う彫刻刀と、ルーズリーフの切れ端でロッカー開けると彫刻刀が勢い良く飛び出て手を斬りつける罠を考えたんだ
そしたら手に傷を付けてる奴が犯人だろうって思ってな
放課後に残ってその罠をしかけてから下校したんだが、次の朝学校に来たら教室の前に他所のクラスの奴が集まってて
何があったんだろ?って思いながら教室に入ったら一人の男が叫び声をあげてたのね
見たら俺のロッカー付近に血痕が飛び散ってて、その先には切断された中指があったんよ
自分が紙で切れ味試した感じではそこまで切れると思って無かったけど、予想以上の結果で
これ以上復讐する必要もあるまいと思ってその時はそれ以上手を出さなかった
そいつはそのまま1週間ほど入院

354 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 16:31:25.42 ID:rzj1qUF70
その後、そいつは病院から戻ってくるなりいきなり俺に殴りかかってきた
まぁ自業自得とは言え、俺のせいでまともな肉体じゃなくなったわけだしな
俺の方がガタイがよかったのもあって殴り倒した後、なんで俺のロッカーの物ゴミ箱に捨てたんだって聞いたら
それがもう「面白かったから」とかくっだらない理由だった
その時の俺はその事件移行更にエスカレートしたいじめのせいでイラだってて、静止する周りをふり切って
病み上がりの怪我人相手に本気で顔面に肘落としてやった
結果そいつはまた病院送り、顎を骨折して全治二ヶ月

ちなみに騒ぎを大きくしたくない学校側の意向かほとんど俺にお咎めはなかったし
相手の親はまともな人みたいで、そいつからイジメを受けていたことや、ロッカーに罠を仕掛けた理由、そいつが「面白いから」イジメをしていたことを校長室で泣きながらに叫んだこともあって
二度に渡る大怪我を息子にさせたにも関わらず、慰謝料を求めてくることはなかった

355 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 17:42:22.95 ID:7IvaGKEa0
久々にスカッとするとする良い話だった
ちなみにそいつの中指は落ちたまま?だとしたら色々困るだろうな

356 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 18:00:20.96 ID:FVL7RkBa0
てか、そういう見せしめを行ったにも関わらず、
いじめが止むどころか却ってエスカレートする
ってのが不思議だ。
おっかなくないもんかね。

357 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 18:01:49.13 ID:ayEiyrTq0

ざまあああGJ

359 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 18:24:49.56 ID:ZySX2smy

いやむしろ罠の作り方を。
ルーズリーフどこで使うん?

360 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 18:28:48.40 ID:7Nibvo5I0

指って全体重をかけるくらいの力でないと切断できないんだよね
ゴムでその動力を作り出すとは天才だな!

361 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 19:05:15.13 ID:rzj1qUF70

>>356
一回目は実際に俺が手を下したわけじゃなく、実際に見せしめを行ったのは二回目のほうだしな
二回目はいじめられることはほぼなくなったけど完全に無視された

>>359
ロッカーの扉の右裏側とロッカーの左奥に何重かにゴム引っ掛けて
ロッカーの扉を最後まで開けると、取手の方向に向けて彫刻刀が飛ぶ仕組み
ルーズリーフはロッカーのラッチボルトが動作した際にロッカー奥のゴムの留め金を引き抜く役目

362 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/23(水) 19:34:55.31 ID:0/rE70fF0

指を落とす場合
体重かけたノミでグリグリやっても重労働だろうに
良く切れたな

この怖い話にコメントする

「罠の仕組み」と関連する話(ほんとにあった復讐)

罠の仕組み