子どものころの怖い話
不幸な兄弟

この怖い話は約 2 分で読めます。

私が子供の頃住んでたある田舎町でのこと。ある不幸な兄弟がいた。
その兄弟の家では母親が食事等の面倒を一切見ない。
近所の某スーパーで哀れんで店の売れ残りなどを食わしていた。
ところがある日兄弟は誤って閉店後の店内に閉じこめられてしまった。
北海道の冬は寒い、ついに兄弟は頭がおかしくなったのか店に放火してしまったらしい。
警備員がそれに気付いた時はもう後の祭りだった。兄弟に店からでるよう声を荒げた。
ところが兄弟はそれでかえって恐ろしくなったのか店の奥深くへと逃げこんでしまった。
二人が黒こげ死体となって発見されたのは翌日のことであっという。
ほどなく周辺で兄弟の霊が見たという噂がたった。
目撃証言によると二人ともひどいやけどでいずれが兄で弟がさえもはっきりせず、
化物が二人手をつないで歩いてるかのようだったとか…
ちなみに焼失したスーパーは、ほどなく再建されたが事件から10数年たった
今でも深夜に警備員が巡回していると、どこからか声が聞こえてくるとか
「熱いよー熱いよー」

この怖い話にコメントする

不幸な兄弟
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。