子どものころの怖い話
遊園地

この怖い話は約 2 分で読めます。

986 本当にあった怖い名無し New! 2007/08/26(日) 22:51:00 ID:xa1vsiQO0
子供の頃の話を一つ。

幼い自分は父と母に連れられて遊園地に遊びに行った。
遊園地が珍しかった自分はおおいにはしゃいでいたと思う。
その時、何故か気になる存在が居た。
自分は不思議と、父と母とはぐれてしまい赤い服の女性を追いかけてしまった。
黙々と歩いていて、ふと気がつけばそこは風船がいっぱいある場所だった。
同じくらいの年の子が遊んでいる中、そこに居た。
血まみれの叔父さんが。

気がつけば側には父と母が居て、心臓がバクバクしていたのを覚えている。
時折、やきつくように夢で再現されては魘(うな)されていた。

この怖い話にコメントする

遊園地
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。