子どものころの怖い話
色んなモノ

この怖い話は約 2 分で読めます。

879 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 04:46:50 ID:0e/UJhiyO
小学生の一時期、とても霊感が強くていろいろなモノが見えた。
金縛りは毎晩。
目を開けると枕元に老婆がいたり、溺死?した女が宙に浮いていたり。
普通に道を歩いていても血だらけのおっさんが四足で這っていたり
喉にポッカリとした穴を開けて上手く呼吸できないのかヒューヒュー言ってる女の子を見たり。
様々な奴等がいたけど無害だったんで特に気にしなかったわ。
怖いというか可哀想な連中だと思ったよ。
多分、奴等は自分が死んだ事に気づいてなくて、
夢遊病みたいな感じでこの世を徘徊しているんだろうね。

通学路に使っていた道で、毎朝8時31分になると
ビルの屋上から女の人が降ってくる場所があった。
タイミング良く目の前に落ちてきた時は
地面に激突する瞬間に目があって
気まずかったのを覚えている。
まあ、あっちは俺の事なんて見えてなかったと思うけど。
暫くして霊感が無くなって
奴等の姿は一切見えなくなった。
でも、10年経った今でもあの女の人は
毎朝飛び下り自殺を繰り返しているんだろうな。
徐霊?とか出来る人がいたら行ってやってくれよ。
あまりにも可哀想だろうよ。

880 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 05:04:23 ID:0e/UJhiyO
あ、ついでにもう一つ。
二重人格ってあるやん?
あれ、単に憑いてるだけだから。

この怖い話にコメントする

色んなモノ
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。