犬・猫、動物
味をしめた熊

この怖い話は約 2 分で読めます。

心霊話じゃないんだけど。。
実話、てかシャレになってない話。

今月のはじめ、俺の県の北部でタケノコ狩りで山に入った男性が、クマに襲われた。
この男性は運悪く死亡してしまったとのこと。
ここまではよくある話。地方紙にも掲載された。

問題なのは死亡の仕方。
実は俺の地元で、地元の人たちしか知らない事実。 この男性、発見されたときには、内臓をほとんど食われていた。
片足が無く、近くの笹やぶから隠されたような状態で足が発見された。
俺は本州中部地方の人間だけど、普通ツキノワグマは人は食わない。
襲われてもケガだけで済むことがほとんど。
当初野犬のしわざとも言われたけど、死亡した男性に残された歯型から
ツキノワグマであることがわかった。

2日後、犯人(?)らしきクマが射殺された。
しかしこのクマは親子連れで、小熊の方は逃げてしまった。
恐ろしいのはこの小熊。
おそらく、いや間違いなく親から人の肉を与えられている。
つまり人間の味を知ってる。
生後1年未満の小熊なら、おそらく今年の冬は越せない。
2歳になっているとすれば、来年以降も里近くまで出没するだろう。

今、俺の地元の猟友会なんかが必死で捜索してるけど、今日の段階では
見つかっていない。
普段なら家族でもタケノコ狩りに行くんだけど、とてもそんな気になれない。

たのむから早く見つけてくれ(──┬──__──┬──)

この怖い話にコメントする

味をしめた熊
関連ワード
よく読まれています(週間)
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。