洒落怖
帰れない

この怖い話は約 3 分で読めます。

実際に霊感皆無?の俺が経験した話
駄文だが、暇な方は読んでみてくれ。
スマホからだからミス多いかもだが、あたたかく見守ってくれ。

今は一人前の医師になったが、当時はヒヨッコだった。
医者はたんまりと儲かるものだと思って医学部を目指したわけだが、研修医ってのはマジで辛かった。
どんなに働いても給料は雀の涙。しかも先輩にこき使われる。
通常の給料では生きてけないから、医療関係のアルバイトをするのは結構当たり前だった。

932 本当にあった怖い名無し New! 2014/02/19(水) 16:00:25.83 ID:UVkn4pYzI
ある日、バイトで山奥の診療所に行った。
一日目
「おぉ~君が新しいバイトか。」
いかにも優しそうな中年の男性が出迎えてくれた。
彼の名前を仮に斎藤さんとする。

この日は特に何もなく、普通に雑務をこなして帰った。
ただ、車で帰る途中、後ろから何か、、視線ではないと思うんだが、何かを感じた。
この時にはすでに目をつけられてたのかもな。

933 本当にあった怖い名無し New! 2014/02/19(水) 16:13:43.39 ID:UVkn4pYzI
2日目、この日は診療所に着いた時からなんと言えば良いかわからないが、すごく嫌な感じがした。
「顔色わるいぞ~。体調悪いのか?」
「あ、すいません。なんでもないっす!」
なんとか誤魔化しながら雑務をこなしていく。
「そうだ!君さ、今日暇だったらここに泊まって行きなよ~」
いや、めっさ忙しいんですけど。
「いいよね!いつも俺一人だからさみしくてなぁ。お前の仕事も手伝ってやるからよ。給料もあげとくからよ。」
そこまで言われたら、斎藤さんの誘いを断るのは悪いなぁと思って泊まることにした。

934 本当にあった怖い名無し New! 2014/02/19(水) 16:26:03.01 ID:UVkn4pYzI
もともと日中は大学病院で働き、夕方から診療所、23:00頃に帰るみたいな感じだったからたいして仕事の量が増えるわけでもなく、ただ泊まるだけで給料が増えるのは当時の俺にはうますぎる話だった。

23:00を過ぎてから、俺は斉藤さんといろいろたわいもない話をしていた。
そしたら急に斎藤さんが愚痴をこぼし始めた。
937 本当にあった怖い名無し New! 2014/02/19(水) 16:35:40.04 ID:UVkn4pYzI
「俺もなんでこんなところにとばされたのかなぁ。腕もそこそこいいとは思ってるんだけどなぁ。」
「人柄がいいからですよ。山奥の診療所ってなんかいかにも優しいお医者さんがいるって感じがしますよ。」
「そうかな~。そうだよなぁ。」
「そうですよ!」
「なんか救われたわwありがとな。」
「そういえば、斎藤さんはいつもここで寝泊まりしてるんですか?」
「…」
急に斎藤さんが黙ってしまった。

この怖い話にコメントする

帰れない
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています