洒落怖
パッシング

この怖い話は約 3 分で読めます。

昨日起こったばかりの出来事を書く。
昨日俺は、彼女と某アウトレットに行った帰りの道を車で運転していた。

途中、何の変哲もない赤信号の交差点があった。
俺の車の前に4台、信号待ちの車が停まっていた。「ああ、4台停まってるな」と
何の気なしに確認したことをはっきりと憶えている。

前の車の後ろにつけて車を停止し、見るともなく下のカーナビの時計に目を落とした。
午後3時35分か。
次の瞬間、後からものすごい勢いでクラクションを鳴らされた。
しかも1台ではなく、2・3台から「パ・パ・パー」と鳴らされている音が聞こえる。 なんだ!?と思って前を見ると、前にいたはずの4台の車が跡形もなくいなくなり
俺の目の前の道路はがら空き、信号も青になっていた。クラクションは
青になっても進まない俺の車に鳴らされたものだとわかり、あわてて発進した。

しかし、前に車がいることを確認し、車を止めて、俺が時計を見るまで2秒くらいしか経ってない。
前から目を離した時間は実質1秒も経ってない。その間に、信号が青になり、前にいた
4台の車が視界から消え去っているのはどう考えてもおかしい。

723 本当にあった怖い名無し sage 2013/07/08(月) 10:40:29.39 ID:jKv6eUJP0
俺は「え?え?何が起こったの今?」と完全にテンパりながら助手席の彼女にきいてみたが
彼女も「何で今クラクション鳴らされたの??」と全くわかっていない。
聞いてみると、彼女はこのとき横の景色を見ていたらしく、車が停まったなと思ったら
クラクションを鳴らされたからびっくりしたそうだ。俺と全く同じ状況だ。ただ、前にいた
車が一瞬でいなくなったことは彼女は見てなかったので、そのことを伝えるとよりびっくりしていた。

俺も、寝不足の時など、一瞬記憶が吹っ飛びそうになることは経験しているが
その瞬間は(後からだが)記憶が途切れそうになったということをちゃんと認識している。
昨日のあれは全くそれとは違って、眠くもなく、完全に意識が繋がった一連の時間の中で
その一部の時間が飛んだような経験をしたとしか思えない。
俺だけならまだしも、彼女の証言からも、車が停まった直後に事が起きているはずなのだが。

昨日は「前にいた車が一瞬でいなくなっていた」からまだよかったものの
この調子で「いないはずの車が前に一瞬で現れる」なんて事が起きたとしたら
と考えると恐ろしい。
とりあえず、今日はまだそういう不可解なことは起きてない。

この怖い話にコメントする

パッシング
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(週間)
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。