洒落怖
失禁

この怖い話は約 2 分で読めます。

あれは高校3年の夏の出来事。
ある日受験勉強に疲れてついつい机でうとうとしていると、
外から聞こえる虫の音に混じり、子供の泣き叫ぶ声が聞こえてきた。
「幻聴だ。気のせいだ。疲れているんだ」と自分に言い聞かせ、
戦慄する心を落ち着かせようとしたが、その声は収まるばかりか、
徐々に大きくなる。とうとう自分の部屋の窓の前までその声が迫った時、
不意にその声が途絶えた。
「やっぱり幻聴やったんや・・・」と思う間もなく、
バンバンと窓を叩く音。再び恐怖に慄く俺。
再び泣き喚く声があたりにこだまする。

そこで俺の意識は途絶えた。

朝起きると俺は机に座ったまま眠ってしまっていた。
パンツやズボンは失禁してしまいびしょびしょだった。
「夢じゃなかったのか・・・?」そう思いつつ、日の光を入れるために、
カーテンを開けて、再び俺は凍りついた。
窓には無数の真っ赤な手形が張り付いていたのだ。
「ゆゆ・・・夢じゃなかった」
再び失禁して失神した。
あれ以来5年間、俺は毎日この現象に悩まされ続けている。
糸冬

この怖い話にコメントする

失禁
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。