洒落怖
出前のアルバイト

この怖い話は約 3 分で読めます。

大学生の頃の話
俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた
まあ本業の片手間の出前サービスって感じで電話応対や√検索、
梱包、配達まで調理以外のをほぼ全てを俺一人でこなすという感じだ
客の大半は俺と同じように大学近くで下宿する学生なので1年もバイトをすれば
寮の名前や位置は勿論、どんな人が住んでるかってのが大体わかってくる

その日もいつも通り数件の配達をこなしてそろそろ上がりっていう時に
店の電話が鳴った。以下はその時の会話

「毎度ありがとうございます、○○(定食屋の名前)です」

「宅配をお願いします」

「ありがとうございます。それではお名前とご住所、お電話番号をお願いいたします」

声の主の返事はなかった
自分の住所を正確に把握していない人は経験上割といたのできっと調べているのだろうと
その時の俺は別段気にすることもなく返事を待つことにした
案の定暫くすると

「A田、○○町△△□□番地、080-~」

という返答があり俺も一安心。その後はいつも通りオーダーをとった
ゼンリンで調べると名前からしていかにもな学生マンションの場所に一致した
商品を荷台に乗せ原付で走って5分程度、農道を少し入ったところにそのマンションはあった
結構大きい建物だったので遠目に見たことは何度かあるが近くに行ったのはその日が初めて
鉄骨4階建てのかなり年季の入った趣、外観だけ見てもボロいことはすぐにわかった
21時を過ぎたそこそこ遅い時間なのに灯り一つついていない
正直家賃1万円でもここには住みたくないというのが俺の感想

205 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/04/05(金) 01:40:45.64 ID:u9dRlFjE0
ここで俺は初歩的なミスに気付いた。部屋番号を聞くのを忘れていたのだ。
こういうミスがあった場合は大体俺の携帯から客に直接電話するのだが、突然知らない番号
から、特に携帯電話から掛かってきた電話を取る人間はそういない
若干気落ちしながらもとりあえずメモを片手にコールする
相手が出たのは驚くほど速かった

「もしもs」

「管理人室ですよ」

そのあまりの察しの良さは気味が悪かったがとりあえずお礼を言い、立てつけの悪そうな
戸を開けてエントランスに入った
暗い、遠くの道を走る車の音が聞こえるぐらいの静寂。人の気配が全くしない
引き戸の扉が左右に並ぶ廊下が続く、廊下の蛍光灯は点いていない
スイッチを探す手間よりもさっさと届けて帰りたいという気持ちが強かったのでそのまま
奥に進み管理人室の戸をノックする
ガラガラと戸が開いた、部屋からの光が廊下に漏れる
声のイメージ通りのヒョロっとした風貌の男性が

「遅い時間にすみません」

と迎えてくれた
俺は部屋の灯りとその丁寧な対応に安心してしまい

この怖い話にコメントする

出前のアルバイト
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています