洒落怖
変人一家

この怖い話は約 6 分で読めます。

じゃあ、書く。私の家族のこと。

私の家族はけっこう普通じゃない。こんなこと書いてる私自身もいま普通じゃないけど。
詳しく書いてく。

635 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 21:37:54.05 ID:0TNK3spvO
えーっと簡単に箇条書きすると

父親(54)水道とか浄化槽関係の仕事についてる。家があるのになぜか車中生活してる。ものを全く捨てることができない。変人。

母親(45)金融関係の仕事をしている。変人。

姉(25)保育士。変人。自傷癖あり。過食症状あり。わけのわからないひとりごとあり。変人。

私(20)大学生。重度の収集癖。買い物依存症。ペット依存症。変人

弟(15)学校に行っていない。変人。

637 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 21:40:47.53 ID:0TNK3spvO
エピソードその1

父親はものを全く捨てることができない。本当に全く。想像を絶するほど捨てない。

…………ゴミ箱をろくに使わない人である。
たとえば、袋に入ってる菓子パンとかお菓子食べ終わったら普通の人(?)はその袋捨てるよね。
私のお父さんは捨てない。どんな袋でも捨てない。
ポイントシールがついてるとかバーコードを集めておまけがもらえるとか、そういう袋を捨てないならわかるけど
なんの役にも立たない袋を全く捨てない。

だいじにだいじに収集して車の中にためこむ

641 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 21:49:11.95 ID:0TNK3spvO
みかんのむいた皮も捨てない。
だいじにだいじに車の中にとっておく。

穴の開いた靴下もぼろぼろになった服も
だいじにだいじに車の中にとっておく。

弟や私が小さいころ使っていたクレヨンの箱(中のクレヨンはもうほとんど残ってない)も壊れたトミカもビーズのおもちゃも
だいじにだいじに車の中にとっておく。

よだれやら油で薄汚くなった枕もだいじにだいじに車の中にとっておく。

割れたコンパクト鏡もだいじにだいじに車の中にとっておく。

もう空になった8×4もだいじにだいじに車の中にとっておく。

………父の車は運転席以外もうモノでいっぱいです。ヒトのれません。

646 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 21:58:22.66 ID:0TNK3spvO

父親は仕事以外のほとんどの時間を車の中とか、これまたいらぬものをためこんでる車庫で過ごす。
休日とかほぼ一日中そこにいる。
車とか車庫にあるものをゆっくりゆっくりいじくって過ごす。

ちなみに着てる服はおんぼろ。

お風呂とか食事とかトイレ以外は家のなかにいない。
寝るときも車。
がらくたをいじくってるときの父親はうっすら微笑んでる。
なんかお菓子の袋小さく小さくたたんだりタオルで汚れたものをぴかぴかに磨いたりしてる。
ちなみに服がぼろぼろなのは金がないからでなく(家のタンスのなかにまともな服はいくらでもある)ただ単に全くかまわないだけ。

そんな父がモノを捨てまくった時期が一度だけあった。

649 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 22:07:32.41 ID:0TNK3spvO
3年前、同居していた父親の母親(私にとっては祖母)がなくなったとき。

父親は血がつながってるのに祖母のことがだいっきらいだった。(ときどき死ねとか言ってた。あと近づいてきたら舌打ちもしてた)

そのせいか父は祖母が使っていたものをぜえええええええんぶ捨てた。

家族全員びっくりした。
651 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 22:12:06.49 ID:0TNK3spvO
父、祖母が着てた服とか庭で燃やしてた。
アルバムの写真とか使ってた食器とか、裁縫箱とかも捨てた。

ちなみに食器は床にたたきつけて粉々に割ってから捨ててた

あと手作りのちりめんのマスコットとか折り紙細工も捨てたよ
で、祖母が亡くなってから1ヶ月くらいたって、もう持ち物ほぼ全部捨てたってときかなあ。

いつもみたいに車庫でごそごそやってた父と話す機会があった。
ちなみに父は母親と姉とはあんまり話しない。私と弟とはまあまあ会話する。

父がこんなこと言ったんだ。

653 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 22:23:11.85 ID:0TNK3spvO
父は祖母のこと「バアさん」て呼ぶ。

父「バアさんだけどなあ」

キャベツ「うん」

父「うーん、バアさんはぁ、バアさんは…」

キャベツ「うん」

父「まあ全部捨てたから……バアさんのもん…」

キャベツ「そうだね」
父「俺、捨ててしかられたwww」

654 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 22:28:51.24 ID:0TNK3spvO
キャベツ「誰に」

父「いや捨てすぎだって…バアさんに(へらへら)」

キャベツ「???」

父「バアさんが怒ってな~いや~」

キャベツ「……」

父「なんか急に全部捨てたから。うん。俺のせいだぁ。なんかバアさん怒ってるみたいだから、だから(へらへら)

なんかきょうあたり家の中でおかしなこと起こるかもしれないが…まあ気にするな」

(´・ω・`)なに言ってんだこいつとキャベツは思うた

657 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 22:35:49.96 ID:0TNK3spvO
でも父の言った通りおかしなことが起こった。

うまく説明できないけど、家の中心の芯(?)みたいなものがこの世に存在するとしたら、それが

ミシーーーーーー!!!
ってするような変な感覚(?)があって、家族全員がそれを感じた。

それが始まった瞬間、あ、これが父が言ってたことかなーって夕飯食べながら思った

母親と姉と弟は「え?なんなん」て顔してた
父親はなんか普通だった。

659 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 22:42:49.67 ID:0TNK3spvO
その翌日、珍しく縁側にいる父親が庭の木にとまった鳥を見て

「あーバアさんがきたー」

と言って家族全員がびびったんだけど、父親は祖母の死後生き物を見るとよく「バアさんが来たー」
って言ってた。
ハエとか羽のついた虫見たら「あーバアさんが来た」
野良猫が庭に来たら「あーバアさ(ry」
なんか生き物を見たら「バアさんバアさんバアさんバアさん」

あと風とか雨のときも「あーバアさんが降らせとるな」

なんかモノがなくなっても「バアさんがもってったなーあはは」

666 キャベツ ◆Y6z9zUy7b2 2012/11/10(土) 23:03:14.29 ID:0TNK3spvO

>>661 キャベツと弟は行ったよ。キャベツはカウンセリングもしてる。母親も睡眠導入剤もらってる。
父親と姉はまっったく行こうとしない。

この怖い話にコメントする

変人一家
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。