洒落怖
目が合う

この怖い話は約 1 分で読めます。

俺は子供の頃から寝起きが良くない。
中坊の頃、マンションの13階に住んでいた時もそうだった。

だが、ある日珍しくスッキリ起きられたのだ。
朝がこんなに爽快な物だと始めて知った。
カーテンからうっすらと見える外も
今の自分の気持ちと同じように爽快な快晴のようだ。

俺は元気良くカーテンを開けた。

逆さまになった中年男性と目が合った。
向こうも「あ」という意表を突かれた表情をしていた。
彼はそのまま下へと落ちていって、大きな音を立てた。

この怖い話にコメントする

目が合う
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。