洒落怖
火葬場でかくれんぼ

この怖い話は約 4 分で読めます。

926 qq9 sage 2008/02/07(木) 15:35:16 ID:9s7GzRYF0

今から20年位も前の話だが、
車のドレスアップが盛んな時代、
俺もエアロパーツを組み毎日のように市内を流していた。

そんなある日、俺は友人を誘い、夜10時頃からナンパ目的で、
繁華街をいつものように自慢の車で走っていた。
この日は平日で雨もパラついていたせいか、
女の姿もなく、しらけた夜だったので帰る事にした。

助手席の友人の家は○町だったので、友人を送る際に観光名所の○○○の近くを通る。
ごく稀に深夜にもかかわらず、夏場は観光できた女性の二人組など何度か目撃していた事もあり、
○○○の前を通るのが習慣になっていた(一度も成功したことはない)。
諦めムードでその前を通ると、一人の女の人が歩いていた。

927 qq9 sage 2008/02/07(木) 15:37:57 ID:9s7GzRYF0
続き

観光客ではないのはわかったが、
友人が声をかけ、「観光?」と問いかけた。
すると可愛らしい笑みを浮かべ「違うよ」と答えた。すごく可愛い女の子(18才位だと思う)。
物騒だから家まで乗せていくよと言うと、車に乗って来た。

「まだ時間ある?」と聞くと大丈夫と言うので、
○○山や○○岬などお決まりコースをドライブし、
午前1時を回っていたので、彼女を送り届けるため、
家の場所を聞いたが、彼女は火葬場で「かくれんぼしよう」と言って来た。
(火葬場は○○山の麓にある。)とんでもない事を言うなと思ったが、
ツーショットになれるかも?と下心もあり火葬場へと向かった。
928 qq9 sage 2008/02/07(木) 15:41:21 ID:9s7GzRYF0

やがて火葬場に着くと、
この女の子は、いきなり後部ドアを開け車から降りた。
そして、「私が隠れるから、あなた達100数えたら私を捜しに来て」と言って、
一人で火葬場の方へと歩いて言った。
(今では新しい火葬場だが、当時は古くて、渡り廊下もあり不気味な建物だった。)

俺たちは、恐さより下心が優先し、余裕だったのが一転、
「随分度胸のある女だな」と友人と話し、一応100数え二人で捜し行った。
五・六分捜したが見つけられず、大声で「帰るから出て来い。」と何度も叫んだが出てこない。
俺たちはハメられたと思い、おそらく、少し離れた民家の娘なんだろうなと二人で解釈し車に乗った。

930 qq9 sage 2008/02/07(木) 15:43:30 ID:9s7GzRYF0

エンジンを掛け、クラクションを鳴らしたが、
一向に出てくる気配がないので、車を動かした。
友人が、もしかしたら慌てて戻ってくるかもと、後ろを振り返ると、

「ワーッ!」と大声で叫んだ。

俺がルームミラーで見ると、渡り廊下の窓が円く炎に包まれ、
その炎の間から、その女の子がバイバイと手を振っていた。
俺たちは猛スピードで立ち去り、友人の家になんとか無事に着き、
朝まで友人の部屋で震えていた。
やがて友人の母親が起きたので、
この話をすると、ただ事ではないと思ったのか、
この日、仕事を休み霊能者の所へ連れていかれ供養してもらった。

931 qq9 sage 2008/02/07(木) 15:45:57 ID:9s7GzRYF0

この霊能者はお祓いをしている最中、
俺に車の後部座席にあるジュースを持ってくるように言った。
そんな物はないと思いながら車に行くと、
夕べ○○山で彼女に買ってあげたジュースがホルダーにあった。
たしかこのジュースを彼女が飲んでいたのをルームミラーで確認をしていたが、
ジュースの蓋は開いてはいなかった。
恐ろしかったが手に取り霊能者に持っていき、
それを神棚に上げると、霊能者はこう言った。

「夕べは遊んでくれて有り難う。楽しかった。」と。

次で最後です。

932 qq9 sage 2008/02/07(木) 15:50:40 ID:9s7GzRYF0

霊能者は俺たち二人を祓い終えると、
「悪い霊では全くないから安心しなさい」と言ってくれたが、
この霊は生き霊だと言ったのが気になった。

そして、信じられない事が起きたのである。

その日の夕刊に、夕べの女の子が交通事故で、しかもひき逃げで死んだと言う記事が紙面に載っていた。
不幸な話だが、このような掲示板があったので、かなり迷ったが書き込むことにしました。

長々書きましたが私が体験した実話です。
乱文失礼しました。

この怖い話にコメントする

火葬場でかくれんぼ
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。