じわじわくる怖い話
うなぎの蒲焼

この怖い話は約 2 分で読めます。

俺の好物はうなぎだが、近年はすっかり値上がりしてめったに食えなくなった。

金曜日の夜、帰宅すると夕食のおかずはうなぎの蒲焼きだった。
妻が笑顔で言った。
「あなたの好きなうなぎよ。駅前のスーパーで国産うなぎが特売中だったの。国産よ国産!」
「へー、国産かよ。どれどれ。うん。やっぱり国産はおいしいな」
「おいしいわね。明日まで特売みたいだから、明日も買いましょうか。あ、明日は
いろいろ買いたいからあなたも一緒に来て」
「ああ、いいよ。休みだからな」

そんなわけで翌日、土曜日の午後、俺は妻と一緒にスーパーへ行った。
魚売り場に行くと、うなぎの蒲焼きが大量に並んでおり、
そばに貼られたポスターには

「特売中国産うなぎ」と書かれていた。

171 : 本当にあった怖い名無し : 2012/03/12(月) 01:00:01.42 ID:SQ6yB0mi0
>>170
奥さんの頭の悪さがじわじわくるってことか。

この怖い話にコメントする

うなぎの蒲焼
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。