何でも怖い
トントン…トントン…トントン…

この怖い話は約 2 分で読めます。

時間は今日の朝。
まだ寝てる時のことなんだけど
態勢は身体の左側を下にして横向きで寝てた。
トントン…トントン…トントン…って右肩をずっと叩かれてた。
強くじゃなく、起こすような感じ。
ずっと一定のリズムで。
誰かが起こしに来たのかなって、寝ながら思ってたわけ。
でも、話しかけもせずにずっと叩き続けるから、勢いよく起きてやった。
ガバッ!って。
誰もいない…

昨日から前兆はあったんだよ。
部屋にいて、耳鳴りが断続的に続いてて、久々にいやぁーな雰囲気を感じてたんだけど、その時はたいして気にもとめてなかった。
で、起きて誰もいないのがわかったんだけど、すっごい眠たかったからまた寝たの。さっきと同じ態勢で。(もちろん無意識)
怖い<眠気だったから。
そしたらまたトントン…トントン…って叩かれてるのに気づいて目が覚めた。
で、ずっと叩いてる「それ」を捕まえてやろうと、右肩を叩いてる「それ」を左手で捕まえにいった。寝てる態勢で。
そしたら、なんにもなくて自分の右肩を触りにいった形になったんだけど、
右肩を触った左手が離れなくなった。
というか、触ったまま金縛りになった状態。
だから起きて「それ」を確認することも出来ないし、その状態が数分続いて。
で、金縛りが解けるんだけど、もちろんなんにもいないし、残ったのは肩を叩けれてたっていう感覚だけ。
今も叩かれた肩にはその感覚がまだ残ってるんだよね。

終り

この怖い話にコメントする

「トントン…トントン…トントン…」と関連する話(何でも怖い)

トントン…トントン…トントン…
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。