夢・不思議
ビジョン

この怖い話は約 2 分で読めます。

779 本当にあった怖い名無し New! 2008/01/05(土) 17:52:53 ID:EoifW5c40
俺の地元は結構な田舎で子供の頃に森でよく遊んでた
その時に古びた公民館っぽい廃屋を見つけたんだ
塞がれてたし入る勇気もなかったので入らずに子供時代が終わった

ふと高校時代にそれを思い出して少しヤケッパチに廃屋に入ったんだ
ドアをこじ開けてみると中は薄暗くで空気はどんよりしてて少し躊躇った
でもその時は少し自棄になってた事もあって入ったんだ

陽の光が差し込んでたから歩けない程じゃなかったけど床はボロボロ
途中まで進むと今となっては曖昧だが地震のような響く音がした
ビビッて辺りを見回したけど己を殺し進んでいった
ある部屋に入ると急に明るく狭くて落ち着いた部屋があってちょっとホッとした
本がたくさん書斎置いて蜘蛛の巣がびっしりだった
廊下を挟んだ向かい側には扉があってあけるとさっきとは違い真っ暗で見えるのは
二階に続く階段だけだった。本当に階段だけが見えて周りは深淵の闇が広がるだけ
10段くらい階段をあがり踊り場に着くと途轍もない威圧感や恐怖感が襲ってきた
そこで立ったまま金縛りに遭い想像が膨らんで恐怖で精神が死にそうだった

俺はその時に不気味なものを見た
見たといっても不思議で視野に現れたのでもなく、夢のように映像になったのでもなく
脳に視覚を通さず直接インプットさせたみたいな感じ
地が割れ黒い筒が現れて
筒を破り2メートルくらいの赤い鳥や黒いブヨブヨした生物や凶暴な猿が地に溢れ
人々を食べつくす光景
映画やゲームじゃ比べ物にならないほど実際に体験してみないと味わえない恐怖を味わった
もちろん実際に体験してないが忘れた記憶が鮮明に蘇った時のような

今は薄れたけどあの時感じたあの想いは忘れられない

この怖い話にコメントする

ビジョン
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(週間)
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。