後味の悪い話
ボヘミアン・ラプソディ

この怖い話は約 2 分で読めます。

520 : 名無しさん@そうだ選挙に行こう : 2009/08/30(日) 09:27:40 ID:U+tVycpL0
>>515
クィーンの有名な「ボヘミアン・ラプソディ」の歌詞もそんなんだよ。
冷静に歌詞だけ読むと、これってどうよ?と思うけど、でもやっぱ名曲。

バラード調で「ママ、僕、人を殺したよ」って告白してるんだけど、
「彼の頭に銃を当てて引き金を引いたら死んじゃった。
始まったばかりの人生を、僕はこんな簡単に手放してしまった。」って、
ママを悲しませる事、自分の人生を台無しにした事は嘆いても、
人を殺した事に反省はまったくない。

そのうち、曲調もハードになってきて、
「助けてくれ、逃がしてくれ」って混乱状態になり、
「僕に石を投げつけて唾を吐きかけるつもりなんだな!
僕を愛しておいて、見殺しにするんだな!」って逆切れしはじめ・・・

で、バラードに戻って、
「まあ、でもたいした事じゃない。どうでもいいよ。
風がどっちから吹こうと。」って開き直って終わる。

歌詞だけ見るとほんとクソみたいだけど、あまりにも素晴らしい曲だし、
書いたフレディ・マーキュリーも色々あった人なんで、
きっとこの歌詞も深い意味があるんだよ!という事になってる。

この怖い話にコメントする

ボヘミアン・ラプソディ
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。