一人暮らし
人間もどき

この怖い話は約 2 分で読めます。

大学生になり一人暮らしを始めたばっかりの頃

行きたかった大学に現役合格して浮かれまくってた俺は、
それはもうゲームアニメPCの毎日
夜明けまで遊び倒すなんていつものことだった

ある日、いつものようにPCの前で夜明けを向かえ、何の気なしにベランダに出た
まだ日も昇らない時間帯のひんやりした空気を楽しんでいた

そのままぼーっとベランダからの光景を眺めてたら、視界の端で何かが動いた
すぐ手前の俺が住んでるアパートより1、2階低い社宅
そこの屋上にある給水塔の上に何かがいた
工事か?と思ったけどこんな時間には有り得ない

眠い目を凝らしてよーくみると、真っ黒い人間としか形容しようのないモノが四つん這いで張り付いてる
昔ビデオで見た「マグマ大使」に出てくる「人間もどき」にそっくりだ
俺の視線に気づいたのか、そいつは四つん這いのまま「シャカシャカシャカ」っとありえないスピードで壁を這い降りて見えなくなった

あまりに意味不明だったのでポカンとアホみたいに突っ立っていたが、
すぐに言いようの無い恐怖に襲われて部屋に転がり込み、窓に鍵をかけてカーテンも閉めた
それ以来、不用意に暗い時間帯にベランダに出たり窓の外を覗いたりしないようにしてる

この怖い話にコメントする

人間もどき
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。