後味の悪い話
若奥さんA

この怖い話は約 2 分で読めます。

732 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/27(日) 00:50:58.18 ID:t6iM9tGv0
7年前の夏に大人向けジャンプ(ビジネスジャンプかスーパージャンプ)で見た漫画
太平洋戦争末期の東京の下町が舞台
若い人妻Aの最愛の夫は大分前に徴兵され消息も生死も不明
Aは寂しさから主人公の少年を誘惑し性的関係に
しかしそんな関係が主人公の母親にバレてしまい大激怒、他の主婦仲間達と
共に罵倒しながらAの髪をバリカンで刈るなどの吊し上げ

罰として数ヶ月の配給停止、外出禁止にされてしまった挙句、町内会長のおっさんの監視付き
町内会長はそれをいい事にAを性奴隷的な扱いにする
少年はAの事が心配だが周りの目があり会う事も出来ずモヤモヤする毎日を
送っていたが昭和20年3月10日未明を期に豹変
大空襲の中、少年はAを助けて一緒に避難しようとするが町内会長の邪魔が入る
少年が町内会長の足に包丁を刺し怯んだ隙にAを救出しようとするも時既に遅く
火の粉がまわり失敗、少年は諦めて1人で逃げる事にした
少年は何とか比較的安全な場所に避難出来て助かる
それから終戦直後の闇市で靴磨きを営んでいた少年がAを探し回っている
Aの夫を見かけるが声はかけず焼け野原の中で精一杯生きようと
再び仕事に精を出すAであった

我慢出来ず主人公に手を出した若奥さんAも悪いがそれをいい事に
町内会長が監禁して性奴隷にしたり、それが無かったら早く逃げる事が
出来て助かったのかもしれないのにとか夫が帰還するのを信じて
我慢し続ければ・・・など考えてしまった

この怖い話にコメントする

若奥さんA
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。