後味の悪い話
赤いカエル

この怖い話は約 2 分で読めます。

日本の民話より

ある村の庄屋の家から小豆が盗まれる事件が起こった。
庄屋は激怒し探し回ったところ、ある水のみ百姓の家の女の子が
まりを突きながら「昨日の夜は赤いまんまを食べた」と歌っていた。
水のみ百姓は庄屋の家に連れて行かれ、庄屋と村人たちに激しく糾弾される。

無実を訴える百姓は「娘を連れてきてくれ」と頼む。
そして連れてこられた娘の腹を、庄屋・村人たちの前で鎌でかっさばく。
息絶えた娘の腹からは赤いカエルがコロコロと転がり落ちた。
(おわり)

小学校の図書室に普通に置いてあった本の一話。

504 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/29(土) 23:17:57 ID:2QQ2wLOd
すげえ。カエル丸呑みしたのか。

505 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/29(土) 23:35:08 ID:MDzDmLd/0
>>504
食うもんないからな

506 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/29(土) 23:42:58 ID:5IfO1w2LO
>>503
怖い…怖すぐる…ガクガクブルブル

507 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/30(日) 00:11:50 ID:Qj3r3BxJ0
>>503
赤いカエルって
どこの熱帯雨林行ってきたんだろうなその子は。

ムー大陸の遺産のワープ装置でもあったんだろうか。

508 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/30(日) 00:59:34 ID:VnqlBRFB
>>503
前半読んで「雉を鳴かずば」だと思ってたから、後半にびっくりした
自分の命>娘の命 とか父親が糞過ぎる…

この怖い話にコメントする

赤いカエル
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。