一人暮らし
逆ギレ

この怖い話は約 2 分で読めます。

349 速攻 sage 2007/12/26(水) 09:38:53 ID:x6qeaqs30
学生の頃、安アパートに住んでいたんだけど、そこは俺の大学の
学生が住人の全部を占めていた。寮ってわけじゃないけど1階に5部屋
2階に5部屋、全員が学生。

入学して暫くは親戚の伯父さんのとこから通っていたんだけど、友達から
そのアパートを聞いて引っ越したんだよね。
夏休みに引っ越したから、殆どの奴らは田舎に帰っているらしくアパート
は静かだった。

引っ越して翌日の夜に電話がかかってきた。その頃は携帯は出始めで
俺はせいぜいがポケベル持っていただけだ。実はそのアパートには電話が
部屋に有った。古臭い電話なんだけど、何でも各部屋に1個有るん
だって。留守録も付いていないダサいタイプなんだけどね。
で、かかってきたのは無言電話だった。

次の日も、その次の日もかかってきた。毎日夜の10時になると電話が
かかってくる。1週間たった日曜日についにブチ切れた俺は
『っざっけんなよ、てめえ!ぶっ殺すぞ!』って思いきり怒鳴った。
電話が切れた。その瞬間、俺の部屋の真上に当たる2階でモノすげえ
足音と、ドアがバタンと閉る音がする。
(え?)と思っていると、鉄の階段を駆け下りてくるカン、カン、カン
って音が聞こえてすぐに俺の部屋の玄関のブザーが鳴った。

何が何やら理解出来ずに、ドアののぞき窓から外を見ると金属バットを
持ったジャージ姿の男が立っていた。
そいつが携帯を耳に当てているのに気づいたのと、部屋の電話が再び
しつこく鳴ったのでやっと分かった。無言電話の相手がそいつだったんだ。

そいつは一晩中、玄関の外で電話し続けてきたよ。もう最高に怖かった。

この怖い話にコメントする

逆ギレ
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。