後味の悪い話
金木犀

この怖い話は約 3 分で読めます。

561 : 1/2 : 2012/05/22(火) 10:33:44.78 ID:0UXBL8yEP
煌如星シリーズ第二弾
ドキュンというより腐耽美なのですが
(如星は美男ですが怪力美人妻がいる)

とある大金持ちの老婆がいた。
老婆はいつも苦虫を噛み潰した様な顔をしている。
何故なら、親戚が皆老婆の資産目当てで金をタカリにくるのだ。
彼女には本当は孫が居たが、昔誘拐され行方不明になっていた。

ある時、身なりの汚ない青年がやって来て、
自分はあの時誘拐された孫だ、と名乗り出た。
貧しい家庭だかったが、両親が死ぬ時、
「お前は実は私達が金持ちの家から誘拐した子供だった。」
と聞かされたという。
証拠に誘拐時履いていた綺麗な刺繍のある子供用の靴をみせる。
老婆は泣いて喜び、青年と暮らし始める。

困ったのは今までたかっていた親戚連中である。
今までは貸してくれていた金をもう貸してくれない。
それどころか、貸した金を返せ、孫の為にだけ金を使いたい、
と言い始める。
青年は何も欲しいとは言わなかったが、
老婆は今まで孫にしてやりたくとも出来なかった事がしたい、
と青年に言った。
青年は老婆の側で甲斐甲斐しく世話をし、語らい、
老婆は今まで見せた事のない幸せそうな微笑みを
青年に向けていた。

562 : 2/2 : 2012/05/22(火) 10:34:17.51 ID:0UXBL8yEP
一週間ほどたって、老婆は何者かに殺される。
如星たちは現場に駆けつけ、事件を調べる。
なんと犯人は青年であった。
青年は本当は老婆の孫ではなかったのだ。

青年が老婆に
「庭にある金木犀の香りがとても良い匂いだ」
と言うと老婆の形相が変わった。
老婆の孫は赤ん坊の時の大病で嗅覚を失っていた筈だった。
「貴方も私の金を目当てに近寄ったのか!
しかも私の一番大事な思い出である、孫を騙るなんて!!」
掴みかかってきた老婆と揉み合ううち、
青年は老婆を突き飛ばし頭を打った老婆は死んでしまった。

「私の家は酷い家でした。
食べる物もなく、いつも暴力をふるわれていた。
両親は子供を誘拐したが殺してしまった。
けれど、その時残ったこの靴は、愛されている子供の象徴の様だった。
自分が初めて見た、唯一の美しい物だった。
ここではない、別の世界が有るのだという希望が持てたんです。
だから親に殴られてもどうしても手放せなかった。
お金が目当てだったんじゃない。
あの子供が貰っていた愛情が欲しかった。
本当に殺す気なんてなかった、、、」

事故として青年は極刑は免れたのだが、投獄中、自殺をした。
如星はその報告を聞き、崩れ落ちて膝をつき哀しむ。
「彼はこんなことの為に生きてきたはずではない、、こんな事の為に辛い幼少期を過ごしてきたわけではない筈だ、、」

563 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/22(火) 10:37:07.45 ID:0UXBL8yEP
金木犀の話さえなければ、老婆と二人、
仲良く幸せに暮らしていけただけに哀しすぎる。
孫の成りすましを許せなかった老婆の心情も分かるだけに、
なんとも言えないお話でした。

この怖い話にコメントする

金木犀
旬の記事
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。