山の怖い話
鬼子

この怖い話は約 3 分で読めます。

山は怖すぎる……夜の山に一人で行けるか?……サンカや亡霊が潜む山に……
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1361555183/217

217 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2013/02/23(土) 05:37:50.53 ID:PzXYLJw20

旦那の趣味&サイトの小遣い稼ぎで露出プレイさせられてた。
とある秋の日、山梨との県境の山で全裸になってオ*ニー撮影したら、
その後生理こなくなって、念のため産婦人科いったら妊娠してた。
ずっと不妊治療うけてたのに。

超音波撮影したら、頭に突起物あって明らかに奇形児。
医者には堕胎すすめられた。
ずっと夫婦で願ってた赤さんだったので、
最初は意地でも生むつもりでいたけど、
身の回りで不審火が続出して、お祓いいったら、
神主さんに血相かえて「鬼子を堕ろせ」といわれた。

堕ろすもなにも、その日の夜中に出血して流れた。
角はえてた。怖くてそのままトイレに流した。ごめんなさい。

—————————

西駒遭難の遺族・偲岳会 8月に記念事業

 大正2年、1913年に駒ヶ岳登山で発生した中箕輪尋常高等小学校の
集団遭難の遺族らで作る偲岳会は、100周年にあたる今年8月に、記念事業を行います。

 13日夜は箕輪町内の飲食店で、2回目の100周年実行委員会が開かれ、
偲岳会のメンバーなど9人が集まりました。

 駒ヶ岳遭難は、大正2年、1913年の8月に、中箕輪尋常高等小学校の修学旅行で
駒ケ岳に登山した生徒・教師合わせて37人が、山の上で暴風雨にあい、11人が犠牲になったものです。

 今年8月に、遭難から100年を迎えることから、遺族らで作る偲岳会は、記念事業を企画しています。

記念事業は、8月25日に予定していて、慰霊祭のほか、記念講演会などを予定しています。

 講師は、駒ヶ岳遭難を題材に小説「聖職の碑」を書いた新田次郎さんの息子で
・お茶の水女子大学名誉教授の藤原正彦さんを予定しています。

 また、偲岳会のこれまでの活動をまとめた記念誌も作成する予定です。

この怖い話にコメントする

鬼子
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。