怖い映像
長島☆自演乙☆雄一郎vs青木真也

この怖い話は約 2 分で読めます。

2010年12月31日、Dynamite!!勇気のチカラ2010で長島☆自演乙☆雄一郎と対戦。試合はミックスルール(1Rが3分の特別キックルール(フリーノックダウン制)、2Rが5分の総合格闘技ルール。2Rで決着がつかない場合は判定なし)で行なわれたが、2R開始直後に青木のタックルに合わせた長島の右跳び膝蹴りでダウンしたところにパウンドで追撃され失神KO負け。この試合では、1Rに明らかに時間稼ぎのクリンチやドロップキックなどで逃げ回り、反則であるロープに掴む行為も行ない、会場からはブーイングが浴びせられており、この試合の解説を行った須藤元気には「バチが当たった」、魔裟斗には「逃げてちゃ勝てないですよ」と酷評された。一方で、北岡悟や菊野克紀など、「(ああしたルールである以上)勝つための手段としてならば責められるものではない」といった旨の評価もあり、興行論や競技性などを問う議論ともなった。

この怖い話にコメントする

長島☆自演乙☆雄一郎vs青木真也
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。