短くて怖い話
にやつく男

この怖い話は約 2 分で読めます。

霊とかじゃないけど…
コンビニの入口のところに車椅子の男が一人でいた 20代くらい
入口のほうではなく歩いてくる私のほうに体を向けて止まってて
こっちを見ながらニヤニヤしてるので変だし気持ち悪い

あぁ入れないから手伝って欲しくてこっち見てるのかなと一瞬思ったが
そのコンビニは自動ドアだし段差もないしそれはない

話しかけようと思ったが向こうは何も言わずニヤニヤしながら見てくるので
怖いと思い目をそらし中に入ったらその人もあとから普通に入ってきた

で、後をついてくる 私が商品を見てるとついてきてニヤニヤしながら見てくる
私が移動してもついてきてニヤニヤ 止まると追いつかれるので買い物どころじゃない
しばらくしてついて来なくなったので探したらレジで買い物してた
怖いのでこの人が出てから出ようと思いもう行ったかと見たらこっち向きで
ニヤニヤしながらレジの前で待ち伏せしてた

怖くて見えないように急いで店を出たらすごいスピードで追いかけて来て
信号渡ったとこで追いつけないと思ったのか止まってニヤニヤしながらこっちを見てた

この怖い話にコメントする

にやつく男
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(週間)
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。