短くて怖い話
スニーカー

この怖い話は約 1 分で読めます。

文章へたくそなので経験したことを箇条書きで。

高校生の時の話。
学校から家に帰ると玄関に見慣れないスニーカーがあった。
姉の彼氏が来てるんだなと思い、すぐ家をでて近くの本屋で時間をつぶした。
これがうちの姉弟の力関係。

再度帰宅すると誰もいない。
姉と両親帰宅。

持ち主不明のスニーカーは今でも実家にある。

この怖い話にコメントする

スニーカー
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。