短くて怖い話
弁当食われる

この怖い話は約 1 分で読めます。

知人数人と雪の残る長野の山に行った時、車を停めて数時間散策して
戻ったら、車の周りがゴミだらけになっていた。
「誰がゴミなんて捨てたんだよ」とか言ってたら、仲間のうち一人が
「車の屋根の上に俺の昼飯置いたまま仕舞い忘れてた…」
とか言いやがりました。
本人は「タヌキじゃね?」とか能天気な事を言いましたが、
タヌキの物とは思えないサイズの足跡まで見つかったわけで…

冬眠明けに人間一人分の昼飯で満足した筈も無いので、
ゴミ拾って遁走しました。

この怖い話にコメントする

「弁当食われる」と関連する話(短くて怖い話)

弁当食われる
関連ワード
関連ページ
ホットタイトル
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています