短くて怖い話
手形

この怖い話は約 2 分で読めます。

2年前の暮れだったかな?
ふと部屋の天井を見上げると、ヤニでちょっと黄ばんだ天井に黒い手形が付いてたんだ。
その時は怪訝に思いつつ、とりあえず消した。
しかしやはり一昨年の暮れ、だいたい同じような場所にまた手形が現れたんだ。
今度は何だか怖くなって消せなかった。
そして去年の暮れ、俺は大掃除中にある事実に気付いた。
その手形がある場所の下には2年前に友人から貰ってきたタンスが置かれてるんだが、
脚立に乗ってその上面の埃を取ってる時に俺は気付いてしまった。

俺の煤で汚れた手が体を支えるべく天井に添えられてた事実を。
そして手を退けるとくっきりと新たな黒い手形が残っている事に。
俺は黙って手を洗い、2つの手形を綺麗に拭き取った。

この怖い話にコメントする

手形
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。