短くて怖い話
人のいない神社

この怖い話は約 2 分で読めます。

15年前、当時付き合っていた彼女と正月に鎌倉へ行った時
初詣を済ませてからあちこちの寺を適当に回っていた時、名前は忘れたが
やけに人がいない寺に入った。
小さな丸い池のようなものがいくつかあったが、そのひとつに彼女がス~っと
引き寄せられるように近づくとじっと池の中を見つめ始めた。
妙な行為に俺は「どうしたの?」と尋ねたら「池の近くから男の人のうなり声が聞こえたので・・・・」と

言った。いやな雰囲気だったのでその寺からは早々に立ち去ったが、
大変だったのはその後からだった。
帰りの電車内で彼女は頭痛を訴え、自宅に帰ってから中年の男性が自分の部屋に
いると言い出し始めた。俺の家に遊びに来た時も一緒についてくるらしく、
窓から覗いているとか目線の脇に見えるとかアパートの前で彼女を
撮った写真に居るはずの無い男の顔が写っていたりなど
怪現象はその後何度か続いた。

この怖い話にコメントする

「人のいない神社」と関連する話(短くて怖い話)

人のいない神社
関連ワード
旬の記事
よく読まれています(週間)
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。