短くて怖い話
不自然な者たち

この怖い話は約 2 分で読めます。

父親から聞いた40年くらい前の話
高校を卒業したばかりのゴールデンウィークに友人と3人で
バイクで日本海に遊びに行ったときの話だそうです
京都寄りの福井の海岸に下りたはいいけどまだ泳ぐには早く
他の人影も遠くに犬の散歩をしてる人が通ってるとかその程度で
裸足になって波打ち際でキャッキャと遊んでいたらそこに突然人影が。
海の中から黒いウェットスーツを着た人が一人、二人と上がってきました
周りには漁船らしき大きな船影もないので、地元の漁師さんが素潜りで
漁をしてたのかな?ぐらいに思ってスルーしかけた時に変なことに気がつく
(漁をしてたにしても、手ぶらってありえなくないか?)
銛や魚籠、獲物などを持っていてもおかしくないはずなのに

その人たちはつるんとしたウェットスーツ姿にごつい水中眼鏡のみで
手には何も持っているように見えませんでした
彼らはしばらくこちらをじっと見ていたようでしたがやがて
そのまま浜の道路の方へ歩いて行ってしまいました

父曰く「あのときは変な奴らやなーぐらいにしか思わんかったけど
今よく考えたら日本人を拉致しに来た人攫いやったんかもな。
こっちが男3人やからめんどくさいと思って諦めたんかも……」
ということですが、私はむしろその年頃の男子が3人寄ってたかって
ナンパとか行くでもなく波打ち際でキャッキャと遊んでいたという
光景を想像するのも、けっこう洒落にならない

この怖い話にコメントする

不自然な者たち
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。