短くて怖い話
放置しすぎた留守電

この怖い話は約 2 分で読めます。

205 本当にあった怖い名無し sage 2011/06/09(木) 01:22:16.32 ID:akkEVfi70
不精なのと、もっぱら携帯での電話ばかりなので、半年ほど固定電話の方の
留守電を放置していたもので、気がついたら、30件以上ものメッセージが
溜まっていた。
ややビビリつつも再生すると、どれも聞き覚えのない老婆のもので、どうも孫娘と
間違えているらしい。
最初は「おばあちゃんだよ。こないだはありがとね」や、「またかけるね」みたいな、
当たり障りのない内容だったんだが、段々と「どうして連絡をくれないの?」といった

ややイライラした感じのものになり、やがてそれが怒りになり、恨みつらみになり、
最新のメッセージでは、「あんたの堕胎した子のお骨、預かってあげてるのに、
こんな扱いを受けるなんて!もうあのお骨、あんたのところに送っちゃうからね!」
といった、シャレにならないものにまで発展していた。

で、その最後のメッセージがふきこまれたのが、日付が変わったので昨日の
夕方になるわけだが、俺はどうしたらいいんだろうか?

この怖い話にコメントする

「放置しすぎた留守電」と関連する話(短くて怖い話)

放置しすぎた留守電
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。