短くて怖い話
最後のコミュニケーション

この怖い話は約 2 分で読めます。

高校生のころにある友人から聞いた話。

その友人(以下A)は運動部に所属していて、
福島県内のある青年の家で合宿をした。

夜、他の友人たちと、施設内をブラブラあるいたりしてまったりしてたらしい。
自販機のある区画でたむろしていると、ある友人が、

「あれ、だれだ?」

窓から外をのぞくと、施設の建物の向こう側の棟の窓辺(かなり上の階)にも人がいたらしく、
他の生徒かもしれないと思ったが、Aたちの運動部はそっちを使用しておらず、また他校が使っているわけでもなかった。

皆で見てると、向こう側の窓辺にいるその人は、手を振ってきた。
Aたちはノリで手を振り返すと、その人はにっこり笑った。
そして・・・窓から身を投げた。

自殺者だったらしい。
Aが不気味がっていたのは、偶然ではあるが最後にコミュニケーションをとったのが自分たちだった、という点で、
今でも自殺者の笑顔が忘れられないらしい。

この事件、調べれば出てくるんじゃないかな。
福島県内だって。

この怖い話にコメントする

最後のコミュニケーション
関連ワード
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。