短くて怖い話
飛び込み事故の現場

この怖い話は約 2 分で読めます。

知り合いの知り合いに視覚障害者(盲目)の子がいて、その子から聞いた話。
あるとき、いつもの様に杖突きながら家路を歩いてると、遠くの方で人が集まってザワザワ言ってる気配がするんだって。
踏切のある辺りでカンカン言う音や線路で停止してる車両・消防車やパトカーもいる気配。
前にもこういうケースがあったので、「ああ・・事故があったんだな」とすぐにピンときたらしい。
野次馬に来た近隣住民の間を通り過ぎる間にも、カンカンいう音に紛れてその話し声が聞こえてくる
「・・バラバラだったみたいよ・・」「まだ学生だって」「飛び込みなの?」  
その中に出し抜けに「あ゛あ゛あ゛ーーっ !! 痛てえょおーー!!助け゛て゛っ! あ゛あ゛ーっ!!! 」っていう絶叫が。

それ聞いて一瞬「(えっ!生きてるじゃん!!誰か救急車呼んであげて早く!!)」って思ったらいいんだけど、
でも周りの人は全然気づいてなくて、相変わらずヒソヒソ立ち話を続けてるの。
これはヤバイと思って、出来るだけ急いでその場を離れようと歩調を速めようとしたら、杖が重い。

手首に伝わる感覚からすると先端のあたりを何か子犬くらいの重さのものが掴んでいるような感覚。
少し離れたとこの地面からズッ ズッという引き摺るような音と「ブッ・・ ゥフゥ ・・ッ 」という喘ぐような息の音が、結構な速さで近づいてきたので
あわてて杖の先のものを振り払って、杖付かずにダッシュで逃げたそうです。
転びまくってたくさん怪我もしたけど、現場の音が聞こえなくなるまで相当走ったらしい。
その後、遠回りだけど移動ルートも変えて、今は絶対その踏み切りに近づかないようにしてるそうな。

この怖い話にコメントする

「飛び込み事故の現場」と関連する話(短くて怖い話)

飛び込み事故の現場
関連ワード
よく読まれています(週間)
よく読まれています(月間)
このサイトでよく読まれています。